最後の晩餐で何が起こった?ヴィシソワーズの謎 「火の粉」最終回のあらすじ、感想、そして視聴率は?

      2017/05/21

オトナの土ドラ・第一弾として放送されたユースケ・サンタマリア主演のドラマ「火の粉」がついに最終回を迎えた。回を追うごとに複雑になる心理サスペンスの結末は如何に?

スポンサーリンク

最終回あらすじ(ネタバレ注意)

琴音の起こした犯罪

池本(佐藤隆太)が琴音(木南晴夏)に刺殺された。そして現場にいた雪見(優香)が任意で警察に連れていかれた。琴音は武内(ユースケ)にかばわれその場を後にする。武内は琴音に「やりすぎです、僕の邪魔をするな」と注意、しかし琴音は「ありがとうっていいなさいよ」と武内を苦しめていた池本を”殺してあげた”というスタンスを崩さなかった。

判決を言い渡す、死刑!

ある日武内がいつものように合鍵を使って梶間家に入ってくる。とあることで俊郎(大倉孝二)ともみ合いになった武内、俊郎の持っていたスタンガンで気を失う。

目覚めた武内は手を縛られており、目の前には勲(伊武雅刀)。

「開廷します、被告人・武内真伍は的場さん一家、私の母、関弁護士、琴音さんの元夫、そして池本さんを殺害した。罪名および罰条・殺人。判決を言い渡す、被告人を死刑に処する。これより執行する。」

3年前に無罪判決を出してしまった償いと自ら死刑執行を決意した勲は、正義の女神であるテミス像で殴りかかる。しかし間一髪のところで俊郎が止める。

最後のお願い

雪見が琴音を梶間家に連れて来て、そこで琴音が池本を殺したことが告げられる。武内と琴音は警察に自首することを決意するが、武内から最後のお願いとして「食事がしたい」と。尋恵(朝加真由美)と雪見が料理を作る。

ポストに青酸カリ、心理戦の幕開け

琴音から雪見に「ポストの中を見て」というメッセージが入る。ポストには「武内さんちの宝物」というメモとともに青酸カリが入っていた。それをテーブルの中心において扱いを話し合う梶間家の面々。そのときコンソメスープが煮込まれていた。

一方琴音は武内の家に。「梶間さんの家で何をする気ですか?最後に私と一杯付き合ってください」とウィスキーの水割りを作って持っていく。そして青酸カリを武内の家で複数本発見したことを告げ、一本を梶間家に渡したことを告げた。ウィスキーに青酸カリが入っていることに勘づいた武内、琴音はそのグラスを奪って飲み干す。(以降琴音は画面に登場せず)

始まった最後の晩餐

武内家に向かう直前、武内は自らが作ったバームクーヘンを床に投げつける。「もう疲れちゃった」とつぶやきながら。

武内が梶間家に遅れてやってくる。「バームクーヘンを作るのに失敗して、作り直していたもので」と。

まず武内はびわジュースをまどか(庄野凛)に作ってきたと出す。疑う雪見は「私もいただきます」と毒見。「おいしいです。」ここには青酸カリは入っていなかった。

思い出話に花が咲く。そして冷めてしまったスープを飲む武内。苦しみだす武内、しかしそれは辛さによるもの、梶間家は青酸カリを入れないことを選んだのだった。

そして最後のデザートは武内のバームクーヘン、梶間家に配られる。雪見は「不思議です。殺人犯である武内さんと食事をしているのに、これが日常に感じるんです」とつぶやく。そして躊躇せずフォークを伸ばした。武内が「どうして食べるんですか?」と聞く。雪見は「だって、武内さんの作ったバームクーヘンだからです。」武内も青酸カリを使用しなかったのだ。

武内が選んだ道は、自ら命を絶つこと

帰宅した武内は、家を出る前に最初に作って床に叩きつけたバームクーヘンを口にした。「上出来です」と最後の言葉を口にする。

翌日梶間家が武内の家を訪れると、ソファーで武内が亡くなっていた。

見事な心理戦、しかし謎な点が2点。

最終回は意味のない昔話は退屈に感じたが、それも含めた琴音と武内、梶間家と武内のそれぞれの駆け引き・心理戦はしびれるものがあった。

それは置いておいて、3点謎な点を敢えて言いたい。

小姑(大島蓉子)はどうしたの?

今回勲が武内を自ら裁く際に勲の母・曜子(星野晶子)の殺害については触れたが、嫁である尋江をいびっていた小姑の失踪のことは触れなかった。俊郎の元勤務先の社長も含め触れなくていいのかな?

ヴィシソワーズはじゃがいもの冷製スープでしょ?

武内が覚めてしまったスープを口にする際、「ヴィシソワーズ」と言っていたが、見た目は明らかにコンソメスープだった。あれはどういう意味だったのかな

最終回の視聴率は?

第6話の5.3%から7話8話と少しずつ下がり始めていた視聴率。心理戦が込み過ぎて難しくなってきたためと推測するが、それが原因とすると最終回に復活するのは難しいかな?4%台でフィニッシュと予想。

最終話視聴率:5月30日更新予定

スポンサーリンク

ちなみに来週6月4日からは安田成美主演の「朝が来る」がスタート。ココリコの田中直樹や金髪で雰囲気が変わった川島海荷が登場。こちらも楽しみだ。

 - メディア