広島のお母ちゃんを忘れるべき?佐津川愛美の悪女っぷりも注目!「朝が来る」第3話のあらすじ、感想、視聴率は?

      2016/06/26

相変わらず慣れない川島海荷の金髪が話題のオトナの土ドラ「朝が来る」。第1話の視聴率は3.3%と落ち込んだものの、第2話で4.5%とあげてきた。実は川島海荷の金髪だったり、原菜乃華から川島海荷への不自然な移り変わりはあるものの、登場人物が抱えるそれぞれの闇が興味をそそるし、ストーリーはなかなか見ごたえがあるのだ。第3話では川島海荷演じるひかりが栗原家に訪ねてくるまでが少しずつ明らかになる。

スポンサーリンク

第3話あらすじ(※ネタバレ注意)

警察がひかりを追う理由

横浜市都筑区の栗原家に警察が訪ねて来た。ひかり(川島海荷)は勤務先の金庫から金を盗んだ容疑がかかっており、警察が行方を追っていた。勤務先の上司が問い詰めたところ、ひかりは罪を認めており、盗んだお金を工面すると言って出て行ったようだ。清和(田中直樹)と佐都子(安田成美)は、「子供を返せないなら金を払え」と言ったひかりのことを思い出す。

ひかりのことが気になった佐都子は、ベビーバトンの浅見(石田えり)と会ってそのことを話す。すると浅見は「彼女のことは忘れてください。朝斗君(林田悠作)のことを第一に考えて」と告げる。清和も「広島のおかあちゃんのことは忘れるしかないかもな」と。しかし佐都子はまだ悩んでいた。

栗原夫婦の過去、そして清和に迫る後藤の色香

清和の同僚である後藤香澄(佐津川愛美)は自分の雑誌の企画「家族神話を考える」のための取材を栗原夫婦に行いたいと言い出し、栗原家に来る。後藤は栗原夫婦にいろいろぶしつけに質問をした。その質問に答える形で栗原夫婦が朝斗を養子に迎えるまでが紐解かれる。

子供ができずにいた栗原夫婦。佐都子に問題はなく、清和が検査を受けると無精子症であることがわかった。清和の母は「小さいころにレントゲンを何回も受けさせてしまったから。。。」と涙で佐都子に謝罪。清和も自分に責任を感じていた。もし無精子症の治療をするとなると睾丸にメスをいれるなど、精神的・肉体的にも苦痛を伴う。しかし悔いを残したくないと不妊治療に挑む決意をした。しかし不妊治療を始めて2年、3度目の妊娠判定も陰性となり断念。

そんなときテレビで特別養子縁組支援団体「ベビーバトン」の特集をみて、結果的に朝斗を引き取ることになった。後藤が「血がつながっていないということでつらいと思ったことはないですか?」と質問すると「感謝しかない」と答える佐都子。

取材を終えた帰り道、後藤は清和にこんなことを言った。「(取材時に出された)自家製のレモンスカッシュ、奥さんそのものですね。さわやかでおしゃれで透明感があって、きりっとしつつも程よい甘さ、非の打ち所がない。けど飲み過ぎるとげっぷが。げっぷ我慢してません?たまには吐きださないと体にガスがたまってくるしくなっちゃいますよ。」清和にキスをした。

健太の借金

3年前、ベビーバトンの寮の近くにある山本哲男(山本龍二)と息子・健太(小野塚勇人)が営む八百屋を手伝うひかり。実は哲男は病気で倒れ、呉共済病院に入院していた。哲男を見舞った帰りに瀬戸内海の夕日を見る。それはちびたんと見たあの日の夕日と同じだった。ちびたんに会いたくなり、浅見の目を盗んでパソコンからちびたんを引き取った夫婦の住所を盗み取った。

哲男が亡くなった。その葬儀後香典を回収に来た借金取りの坂上(山田将之)と権田(鈴之助)。哲男が残した借金は元本は40万円だったが、利子も併せて224万円にもなっていたのだ。

ひかりは健太に「健兄、逃げよう」と告げる。浅見には実家に帰ると嘘をつき、浅見から2万円を受け取り長距離バスで東京へ。

闇に向き合う決意

ある日朝斗が幼稚園で家族の絵を描いた。そこには佐都子と清和、そして広島のお母ちゃんがみんなで手をつないでいる絵がそこに。その絵を見た時に、ひかりが抱える闇に向き合うことを決意、朝斗に「広島のお母ちゃんと会いたい?」と聞く。

その頃警察に追われるひかりは健太と逃げていた。しかしそこに現れたのは坂上。しかも坂上は二人を助けると不敵な笑みを浮かべる。二人の運命は?

スポンサーリンク

佐津川愛美が怖い

佐津川愛美演じる後藤がいろいろと佐都子に仕掛けてくるシーンがあった。佐津川愛美と言えばドラマ「がんばっていきまっしょい」で引っ込み思案な女の子を演じていた印象があるので、なんか不倫をしかける姿に「まあ大人になって・・・」となんだかわからない感情がこみ上げる。自分が清和にプレゼントしたシャツを佐都子の前で「気に入っていただけました?」と聞いたときは「この女怖っ」とぞっとした。

それぞれが抱える闇を感じた回

前クールの「火の粉」もそうだったのだけど、この枠は人物それぞれのキャラクターをうまく描いている作品が続いている。第3話はそれぞれの登場人物が抱えている闇がうっすらと、そしてじわじわと伝わってきた回だった。

  • ひかりの育ち、ちびたんを手放したという負い目、そしてちびたんに会いたいけど会えないという葛藤からくる闇
  • 清和が完璧な佐都子への不満を抱えつつも、子供を作れなかったのは自分のせいだという負い目からくる闇
  • まだ見えてこないけど、ただ笑顔で正義感が強いキャラで終わるはずがない佐都子の闇(火の粉の優香的な?)

恐らくまだまだわからないひかりの闇、そしていずれ起きるであろう栗原夫婦の危機が今後の楽しみだ。

第3話の視聴率は?

第2話で4.5%まで伸ばしてきた今回。内容的におもしろいので、そんなに落ちることはないように思う。ただAKBの総選挙のために少し放送が遅れたので、ちょっと落ちるかな?

第3話の視聴率:3.5% 6月20日更新

 - メディア