MEGUMIがいい味だしている!なぜひかりは栗原家に行ったのか?「朝が来る」第5話のあらすじ、感想、視聴率は?

      2016/07/10

川島海荷が金髪になったことで話題の深夜ドラマ「朝が来る」ももう中盤の5話。ひかりが会社の金を横領した事実が明らかになった4話だが、5話ではそこからなぜ栗原家にひかりが訪れることになるのかが描かれる。

スポンサーリンク

第5話あらすじ(※ネタバレ注意)

健太の仕事はオレオレ詐欺だった

借金取りの坂上(山田将之)により朱美(MEGUMI)が働く定食屋「広島屋」に連れてこられた健太(小野塚勇人)とひかり(川島海荷)。ひかりは定食屋を手伝うことが決まっていたが、健太は何をさせられるのかわからなかった。そしてある朝連れてこられたのは、あるオフィス。そこには弁護士や警察などを名乗って電話する男たち。そう健太はオレオレ詐欺をさせられようとしていた。

キラキラ星

広島をすっかり気に入った朝斗。ひかりが当時止まっていたベビーバトンの寮から子供用のピアノを発見。そのピアノを取り出すと、キラキラ星を弾きだした。それを聞いていた浅見(石田えり)は「これひかりちゃん(原菜乃華)もよく弾いていたんですよ。」と佐都子(安田成美)に伝える。佐都子はひかりと朝斗の縁のようなものをしんみりと感じた。

香澄の妊娠

香澄は産婦人科に来ていた。そして診察を終えると清和(ココリコ田中直樹)を誘ってバッティングセンターへ。その日は楽しんで帰るも、ある夜清和に電話し「私、不倫相手の子を妊娠しました。助けて、栗原さん」。その手には中絶同意書が握られていた。

ひかりが栗原家を訪れた理由

話はひかりが勤務先ホテルの金庫から30万円を持ち出した数週間前にさかのぼる。持ち出した30万円を坂上に返済し、健太には会社の上司の浜田(桜木健一)から借りたと嘘をついていた。しかし翌日浜田から盗みを指摘される。事情を正直に話すと、数週間以内に金を返せば、警察には言わないと約束してもらった。

まず坂上に返済した30万円の返金を頼むが断られ、風俗のバイトが頭をよぎるが、風俗をしていたことを後悔していたベビーバトン寮時代のルームメイト・コノミ(黒川智花)の顔がよぎり、踏み切らなかった。そして最後の手段として頭に浮かんだのが、ひかりが産んだべびたんが暮らす栗原家だった。

しかし実際栗原家と会ってみると、うまくいかず現在の逃亡生活に至るのだ。

佐都子と清和、食い違う考え

佐都子は改めてあの日訪ねてきたひかりの気持ちを慮る。あの日「私は朝斗君の母親ではありません」と早々に食い下がったひかりだが、それは栗原家にあった写真やおもちゃから朝斗を感じてしまい、そこで一気に後悔の念が押し寄せたからではないかと。そして佐都子はひかりを助けたいと言う。

そんな佐都子に清和は「俺には無理。」と告げる。清和は今の幸せが大事で、犯罪者になった彼女にそんな気持ちにはなれないという。「俺にできるのは、その幸せを守ること。大切な家族と穏やかに暮らしていきたい、それだけ」。

スポンサーリンク

MEGUMIがいい味だしてます!

今回定食屋で働く闇を抱える女性・朱美役という若干ちょい役で出演中のMEGUMI。なぜそこで暮らしているのか、坂上との関係は何なのかなど、ほんと探求心を掻き立てる役柄だ。「ここにいる限り、光は差さないよ」とボソッと言った一言はゾクッとした。今後も期待だ。

次回は滝沢沙織でてくるらしいです。

3話以降特に出てこなかった近所の母親役・滝沢沙織。こちらも結構有名な女優さんなのにそんなちょい役で使うの?と思っていたら、第6話にまた登場するようです。しかも彼女が産気づくところから何かが始まるのか?こちらも注目だ。

視聴率は?

第5話視聴率:3%(ちょっと下がってしまいましたね。。。)

 - メディア