ライザップのカウンセリングを受けたが、入会しなかった理由

      2016/03/30

ライザップ、2カ月で劇的な肉体改造を実現するプライベートジムである。一時期話題から消えかけたかなと思いきや、最近では生島ヒロシ、森永卓郎、峯岸みなみなど、派手な広告宣伝でまた注目を集めてきている。

このブログでは、メンズエステ(ダンディハウス)やダイエットDVD(Bye-10(バイテン)ダイエット)で数キロ痩せた話をしてきたが、それこそメンズエステに手を出す2カ月前の2014年春、私は大阪にあるライザップのカウンセリングを受けた。しかし入会を思いとどまった。その時のことを書く。

インターネットで予約

ライザップのホームページにアクセスすると、トップページに「初回無料カウンセリングのお申し込みという欄があるので、そのWebフォームをクリック。必要事項と希望日時を記入し送信する。

すると翌日には電話があり、カウンセリングの日時が決定する。

実際にライザップへ足を踏み入れる

大阪のある支店を訪問、普通のキレイ目な雑居ビルにあるが、中に入るとホームページ通りスタイリッシュな内装だ。そして受付で名前を言うと、トレーニングルームに通され、その中の面談用の席に座る。そして必要事項を記入するよう言われる。(記入内容以下一部抜粋)

  •  現在の身長・体重
  •  食習慣
  •  運動の習慣
  •  痩せたら何をしたいか

トレーナー登場

よくテレビでもムキムキのトレーナーさんを見るが、本当にテレビでみたまんまのムキムキのトレーナーさんが出てくる。ライザップのトレーニングや糖質制限などのメソッドを説明される。

糖質制限については肉など意外に食べてもいいものが多い事を説明され、トレーニングについても実際のメンバーの成果などを写真を見ながら説明を受け、「あ、これなら入ってみたいな」と正直思った。

また少し暑苦しかったものの、「痩せたあとのやってみたいこと、夢を持つことが大事なんです!」と熱弁するトレーナーさんの顔に嘘はなかったように思った。

商売っ気がでてしまったトレーナーさん

入ってみたいなと思っていたところに、トレーナーさんが1つ地雷を踏んだ。それは目標体重を聞いたときのこと。私は当時95キロあった。

トレーナー「何キロまで痩せたいですか?」

私「2年前まで75キロだったので、その時に戻りたいです。」

トレーナー「それなら、2カ月では足りません。半年のプログラムでいかがですか?」

私「いや、そんなお金がないですし、ひとまずは2カ月でやってみたいのですが。」

トレーナー「いや、○○さんが先ほど語っていただいた夢を実現するには半年のプラグラムが必要なんです!」

というように、先ほどの暑苦しい熱意をトレーニング選択にも出してきてしまった。しかし半年ともなると金額は約60万円だ。

CMでやっていたのは2ヶ月で30万円ほど。私は素直に2ヶ月コースをやりたかったのに、高いコースを強く勧めてきたトレーナーさんにげんなりしてしまったのだ。

カウンセリングに費やした時間は約1時間、「ひとまず検討してからまたご連絡します」と言い残して、その日はライザップを後にした。後日連絡しなかったのは言う間でもない。

スポンサーリンク

 - 体験レポート