ゴスロリ衣装の木村文乃がかわいい!でもそれだけのドラマ 「神の舌を持つ男」第2話あらすじ、感想、視聴率は?

      2016/07/19

なんと第1話の視聴率が6%台とまさかの数字を記録してしまった向井理主演ドラマ「神の舌を持つ男」。そんなに大衆には受けない堤幸彦ワールド前回のくだらないドラマだが、まさかここまで数字が悪いとは予想外だった。そして迎えた第2話、視聴率は巻き返せるか?

スポンサーリンク

第2話あらすじ(※ネタバレ注意)

鐡友温泉 南出田楼(てつとも温泉なんでだろう)

舌にのせたものを成分に分解してしまうという特殊能力を持つ蘭丸(向井理)。しかしそんな蘭丸にその能力を発揮させないほど魅力的なキスをし、姿を消した流しの温泉芸者・雅。その雅を追って旅をする蘭丸と光(木村文乃)と寛治(佐藤二朗)。今回やってきたのは群馬県鐡友町にある鐡友温泉・南出田楼。

山村紅葉登場

たどり着いた南出田楼で出迎えたのは女将・順子(山村紅葉)と番頭(志賀廣太郎)、そして仲居頭(江口のりこ)。この南出田楼はトリップランキングで1523軒中1523位と最下位の旅館で、今晩もなんと客は1人しかいないという。そこになんと10年ぶりにウェブデザイナーの夢を諦め帰ってきた息子・天童(中尾明慶)が、駅で会ったという女性3人を連れてやってきた。彼女らに三助のサービスをするということで、3人は1泊泊めてもらうことになった。

家業を手伝うという天童だが、父であり湯守である重吉(徳井優)と10年ぶりの再開なのに取っ組み合いの喧嘩になってしまった。

事件発生

翌朝、町の間欠泉の前で人が倒れていた。被害者は、簡易成分分析キット「泉質くん」を持ち歩くほどの温泉マニア・島村(屋良学)だった。現場検証が刑事(松澤一之・森岡龍)により行われた。被害者を舐める蘭丸は、衣服に硫化水素の成分がついていることを発見する。硫化水素が死因なのか?

そこに現れた町長(斉木しげる)が重吉が遺体を運んでくるのをみたという。

事件の謎はこの舌が味わった

事件の真相はこう。唯一南出田楼に泊まっていた温泉マニア(越村友一)から南出田楼のことを聞いた島村は、南出田楼に向かう途中でむき出しになっている源泉パイプを発見した。実はその源泉パイプは、温泉の圧力が一定ではないため、素人がバルブを調整するとパイプが破裂してしまうことがある。そしてその日は帰ってきたばかりの天童が調整をしていたため調整がうまくいかず、破裂してしまったそのタイミングに島村が通りかかり、硫化水素たっぷりのお湯を浴びてしまった。そしてその衝撃でバルブに頭を強打し、そのまま崖の下に転落してしまったのだ。

バルブの調整がうまくいっていなかったことを察知した重吉がバルブを見に行くと、そこに島村が倒れているのを発見。息子の罪を隠すため、間欠泉のそばに死体を置き、あたかも間欠泉からでたお湯を浴びたために亡くなったことを装おうとしたのだ。

雅の行方は?

南出田楼から前日に姿を消していた雅は、既に伊豆の熱川温泉郷「天空温泉 ホテル満月 伊豆」へ行っていた。早速3人は伊豆へ向かうのだった。

スポンサーリンク

小ネタはおもしろいが、無駄

人気ドラマ「99.9 刑事専門弁護士」と同じように、いろいろな小ネタを放り込んでくる当ドラマ。

  • 南出田楼に「全室VHS対応、レーザーディスクみれます」という時代遅れな張り紙
  • 仲居頭役の江口のりこがテツ&トモと同じジャージを着て、「なんでだろう~♪」ダンス
  • 蘭丸役の向井理のドラマ上の服は「ららぽーと新三郷店」で購入

ただしなにが違うのかわからないけど、こっちの小ネタはただただ「無駄」に思えて、ドラマに集中できない悪い要素になってしまっている。無駄が多いから、同じ1時間のドラマでもサスペンス的要素は必然と薄くなり、事件の謎解きにも手ごたえを感じられない。

ゴスロリの木村文乃

毎話これから衣装を変えるのか、今回はゴスロリ衣装で登場の甕棺墓光役・木村文乃。これはかわいかった!

次回ゲストは森脇英理子

2時間サスペンスの常連が次々登場すると予告されている当ドラマ。そろそろ船越英一郎か?とか思っていたけれども、次回は森脇英理子。「温泉へGo!」以来好きな女優さんではあるけど、片平なぎさや山村紅葉からするとちょっと格下かな。。。低視聴率に予算が削減されたか?

視聴率は?

もしかしたら上昇するのかと思ったけど、今回の内容では現状維持がやっとのような気がする。6%台から少しでも上昇できるか?

第2話視聴率:6.2%(7月19日更新)

 - メディア