「家売るオンナ」にラブシーン、キスされた万智はどうなる?第4話あらすじ、感想、視聴率は?

   

主演の北川景子の演技がとにかくぶっ飛んでいることで話題のドラマ「家売るオンナ」。毎回不動産屋として家を売ることに徹しながらも、その裏には購入者の本当のニーズをとらえた万智の営業の仕方には毎話感服する。今回はどんな風に家を売るのか?

スポンサーリンク

第4話あらすじ(※ネタバレ注意)

営業成績5期連続1位

本社の営業推進定例会議で万智(北川景子)が本年度第1四半期個人売上第1位で表彰されるが、なんと5期連続のトップなんだという。そして万智が加入した新宿営業所は前回13位から2位にランクアップ。しかし課員たちは自分たちのボーナスが上がるわけもなく、課長の屋代(仲村トオル)が出世して万智が課長になるのではと恐怖に怯えるのだった。

そんな定例会議で屋代が社長から命令を受けたのが、南青山にある7億円の新築マンションの販売だった。

婚活クッキングスクール

7億円のマンションを販売すべく、屋代は昔からの上客である料理研究家・沢木峰乃(かとうかず子)のもとを訪ねる。すると沢木より彼女が企画する婚活クッキングスクールの欠員が出たので、綺麗で品のある20~30代の女性を連れて参加してほしいと頼まれる。

まず屋代は室田(新木優子)に声をかけるがあっけなく断られ、そこに通りかかった白洲(イモトアヤコ)は声もかけてないのに誘われたとわめき立てると、それを耳にした万智がなんと自分が参加すると言い出したのだ。しかも過去に何度も婚活パーティーに参加しているという。

スクールに向かう途中、万智が屋代に聞く「私はなぜだめなのでしょうか?」と。意外にも婚活に真剣な万智だったのだ。

孤立する万智、突然のキス

突然登場した美女に会場が沸くが、自己PRで「三軒家万智30歳です。趣味は家を売ることです。」といきなりやらかす。そして周りとの調和を考えずに一人で手際よく料理をこなしてしまう万智は完全に周りから孤立していた。しかしそんな彼女を沢木は気に入る。

結局最高のパートナーを見つけることができなかった万智を屋代が飲みに誘う。ハイペースで飲む万智に必死についていく屋代だったが、屋代だけが酔いつぶれてしまった。

そしてタクシーで帰宅する二人、自分はダメだと呟きまくる屋代に万智は「ダメじゃありません」と言い切る。実は7年前に万智が月島の小さな不動産屋で働いているとき、麻布のマンション一棟売却案件でテーコー不動産の屋代に負けたことがあったのだ。しかも万智が後にも先にも誰かに負けたのはこのときだけだったのだ。

そして万智の家に近づいたとき、なんと突然屋代が万智にキス。そしてその現場をバー「ちちんぷいぷい」のママ・珠城(臼田あさ美)に万智の家に行くようそそのかされた庭野(工藤阿須加)が目撃してしまった。実は万智に恋していた庭野はショックをうける。

実は破産寸前の沢木

ある日屋代は沢木に呼び出された。そこで沢木から打ち明けられたのは、実は破産寸前で3億円の借金があることだった。そこで沢木は今自分が住んでいる17年前に屋代から3億円で買った家を売却してほしいという。屋代は1億5千万円と査定した。

謎のホームレス、なんと万智もホームレス!?

一方その夜、他の課員たちはちちんぷいぷいで飲んでいた。そして泥酔した白洲を足立は公園に置き去りにする。そしてベンチで爆睡する白洲に声をかけたホームレス・富田(渡辺哲)がいた。白洲が不動産屋だというと富田は家を買いたいという。

そして翌日富田が新宿営業所にやってきた。まさかホームレスが家を買う金を持っているとは思わない白洲は、追い払ってしまう。しかしそれを見た万智は白洲を怒鳴る。そして白洲に富田の元に案内させる。

富田に酒を差し入れし、昼間から飲みまくる万智と富田。万智はそこで「私もホームレスでした」と突然の告白。また富田が万智に「死ぬ前に何を食べたい?」と聞くと万智は「白いごはん」と答えるが、それは富田と同じだった。富田は万智を気に入り、万智から家を買うという。「俺に合う家を持ってこい」という富田へ万智は沢木の家を薦めることにした。

これが三軒家万智の答え

実は富田は大手電機メーカー・金太郎電気の創業者で会長だった。万智は総資産ランキング上位者の顔は全て頭に入っていたのだ。

富田を案内する万智、しかし最後の部屋を見るまではそんなに際立った家ではなく富田は「これは俺の課題に対する三軒家万智の答えか?」と少しがっかりした様子だった。しかし最後の部屋に入った途端富田の様子が一変する。「これだ、私が欲しかったのはまさにこれだ」そんな富田が気に入ったのはなんとかまどだった。かまどに負けない電気釜を開発するのを目標に仕事をしてきた富田、しかし自分の母親がかまどで炊いたご飯に勝るものはないと気付いたのだ。だからこそ、そこに設置されていたかまどをみて「この家を買う、金に糸目はつけない」と即決したのだった。

そんな富田に万智が言った値段は「3億円」、それは沢木の負債の額だった。これで借金が一掃できる沢木は再出発を決意した。

スポンサーリンク

ラブストーリー始まっちゃうの?

ただ家を売るっていうストーリーで全話終わるのかなと思ったら、なんと今回ラブストーリーが始まった。

  • 婚活になぜか必死だった万智
  • 屋代が突然万智にキス、表情を一切変えないながらもまんざらでもない万智
  • キスシーンを見てショックを受ける庭野

この三角関係もドラマの縦軸で重要な要素になってくるのかな。

なぜホームレスかは描かれなかった

今回は実は金持ちのホームレスが、実は破産寸前だった資産家の家を買うというストーリーだったが、渡辺哲が演じたホームレスの背景があまり描かれなかったのが残念。なぜ彼がホームレスになったのかとかもうちょっと知りたかったな~。

視聴率は?

第3話は正直はいだしょうこのせいで見れたものではないドラマだったが、今回は笑いもあり恋もあり、なかなか痛快なストーリーだった。視聴率が今クールで放送されているドラマで唯一二桁をキープしているこのドラマは、今回も二桁をキープできるだろう。

第4話視聴率:12.4% (8月4日更新)

 - メディア