ダウンタウンがオグシオ不仲説に切り込む!そもそも小椋久美子の元夫は誰?【ダウンタウンなう8月5日放送】

   

昔オグシオとして女子バトミントン界のスーパーアイドルの一人だった「小椋久美子」、結婚生活1年半のスピード離婚から4年、今夜「ダウンタウンなう」にて「オグシオ不仲説」などについて語る

スポンサーリンク

小椋久美子の元旦那はラグビー選手

まずダウンタウンや坂上忍から問い詰められたのは離婚の理由。番組では「覚悟が足りなかった」とだけ語っていたが、なんかはっきりしない答えだった。

そもそも小椋久美子の元旦那は神戸製鋼コベルコスティーラーズに所属する山本大介選手、1982年11月13日生まれの33歳、茨城県出身、筑波大学卒業、176㎝90㎏の大柄選手。

小椋久美子が「覚悟が悪かった」という具体的な例として、「その人が借金を抱えたり、犯罪者であったりしても支える覚悟」と言っていましたが、山本選手は恐らく借金もしていないでしょうし、犯罪者でもないと思われます。

オグシオ不仲説

三洋電機所属時代、オグシオとして8年間バトミントン界に君臨したペアである「オグシオ」。人気もさることながらバトミントン選手にしてはかわいいルックスで人気になったのだ。そんなスター選手同士のペアがなぜ解消することになってしまったのか。番組では特に解消の理由については語られなかった。ただし、その8年間試合も食事もホテルも一緒という生活を送っているうちに、そんなに深い仲ではなくなっていたようだ。

また本人たちが意識しなくても「どっちがかわいい?」と世間から比べられるうちに互いに変な空気が流れるようになったという。ただ「そこまで仲悪くないですよ」と暗にまあまあ仲悪いことを匂わせていた。

スポンサーリンク

互いの結婚式に出席していない?

潮田も小椋も一度は結婚している。しかしなんと互いの結婚式に出席していないというのだ。これにはダウンタウンも「俺らでさえ互いの結婚式に出席したのに」と大きく反応していた。

小椋は潮田の結婚式に出席しなかった理由として「(バトミントン関係の)外せない仕事があった」という。ただ坂上らは「キャンセルできただろう?」と詰め寄ったが、はぐらかしていた。なぜ招待状が来なかったのかまで誰も突っ込まなかったのだろう。。。

ペア解消してよかった?

オグシオコンビを解消したとき、ずっとオグシオと呼ばれて、1人の人間として認識されていないという気持ちはあった。その呪縛からは解放されたと正直な気持ちを語っていた。

番組後半では裏カジノ問題や期待のバトミントンオリンピック代表についてなど半ばどうでもいいことが語られていたが、一つ発見だったのは意外にイケメン選手がいたこと。早川賢一選手は注目だ!

 - メディア