BPOも動き出したグロい死体が今回も続々「ON 異常犯罪捜査官 藤堂比奈子」第5話のあらすじ、感想、視聴率は?

   

初回からとにかく容赦ないグロい映像ががんがん登場することで話題のドラマ「ON 異常犯罪捜査官 藤堂比奈子」、あまりにグロいためその映像がゴールデンタイムに放送されることに苦情が殺到、BPOも調査に動き出したそうだ。そんな報道もあった今日の第5話も引き続きグロい死体が続々登場する。

スポンサーリンク

第5話あらすじ(※ネタバレ注意)

事件発生

ある都内の雑居ビルの一室で女子高生の死体が発見される。その部屋には紙吹雪が舞い、無数に傷つけられた女子高生の死体の口には飴玉が詰められていた。その死体の姿はまさに5年前、中島(林遣都)が第一発見者となった少女殺人事件とそっくりだった。しかし解剖の結果は凶器は一緒だったが、傷のつけ方が今回の方が慎重で、まさに前回の殺人に似せようとしているような印象があった。

謎の男・久保

ある日早坂メンタルクリニックに謎の男・久保一弥(中林大樹)がやってくる。その男は早坂(光石研)を訪ねてきたようだった。そして謎の一言「指示を・・・」と発する。久保を見た早坂は慌てた様子で彼を自分の部屋に連れて行った。

脳を外部から刺激して感情をいじる?

監察医の石上(原田美枝子)が気になる研究論文「ネグレクトによる脳発達への影響」を発見する。それは早坂が書き中島が協力したもので「幼少時に愛情を与えられなかったことで犯罪を犯してしまう人の脳を外側からいじる」というもの。ただしこの論文は倫理的な問題もありとん挫した。

殺人事件の関係者の共通点

相次いで起こった猟奇自殺をした4人はみな早坂メンタルクリニックに関わっていたことが判明。そして今回の被害者も早坂メンタルクリニックへの通院履歴があった。この共通点から東海林(横山裕)と藤堂(波瑠)は「最近起こった猟奇自殺は早坂によって起こされたものでは?」と早坂の事件への関与を疑う。

早坂死す

中島は今回の女子高生殺人事件の犯人が久保で、しかも早坂が世の中の「神の裁き」に対する印象を強めるために今回の殺人に加担していたことに気付いた。中島は久保を自宅に呼んで「潜入(犯人の精神と同一化する)」を行い、久保が抱いていた早坂への信頼を中島が抱く「裏切り」の感情に書き換えていた。ずっと久保を匿ってきた早坂は焦る。そして中島の自宅に久保を探しに来た早坂は久保に殺害されてしまう。

事件の真相

藤堂は中島から送られてきた住所「東京都墨田区西墨田1-18-10 グループホーム いのり」を訪ねる、そこには刑務官の壬生(利重剛)がいた。壬生は中島から真相をすべて話すように依頼されていた。

壬生によると、早坂と中島による「脳に外部から刺激を加えて腫瘍を発生させる装置」は完成していたという。そして中島はその装置を復讐に使っていた。殺人者が過去の自分の殺人の記憶を思い起こせば猟奇自殺に走るスイッチが押される装置で、殺人を犯したものにそれを使えば必ず死ぬものだった。

そしてその中島が「一番復讐したかった」のが5年前の少女殺人事件の犯人である久保だった。その装置を久保に対して使うと、久保は謎の自殺を中島と藤堂の前で遂げた。

中島は自殺を図るが、東海林が拳銃で阻止。厚田(渡部篤郎)によって逮捕された。しかし過去の”殺人”はいずれも自殺、殺人に問えるかは微妙なようだ。

スポンサーリンク

目を逸らしてしまうようなグロい映像が続々

今回も初回から口に飴玉が詰め込まれた女子高生の惨殺死体、過去の猟奇自殺した犯罪者の死体、そして久保が自分をナイフで差し出す映像などなど、本当にこれがゴールデンタイムのドラマ?と疑ってしまうぐらいの映像が満載であった。久保の自殺映像のときは、思わず画面から目を逸らしてしまった。まあこのドラマの売りは、殺人や死体に全く臆さない波瑠の演技でもあると思うので失くすと物足りない気もするが、ちょっと抑えた方がいいような気が。。。

渡部篤郎のリアル発言!?

ドラマの終盤、中島が逮捕されたあとの警察での渡部篤郎演じる厚田と波瑠が演じる藤堂の会話の中で波瑠が厚田の過去に結婚していたことについて言及するシーンがあった。厚田が「昔1回だけな、あれはめんどくさかったな~。」と言うシーンがあったのだが、なんかドラマ上ではなくてリアルにRIKACOのことを言っていたような気がしたのは私だけ?

新・天までとどけの四男が刑事!?

ドラマを見ていたら懐かしい顔が刑事役を演じていた。松川尚瑠輝、新・天までとどけの四男・広役を演じていた子役ではないか!?なんか顔が変わっていないだけに、当時の昼ドラファンとしては刑事役に違和感を感じるのだ。

視聴率は?

グロい映像もそうだが、ここまでホラー要素が盛り込まれた刑事ドラマというのは過去あまりなかったように思う。関西テレビが攻めている証拠であるが、どうしても万人受けはしにくい。視聴率は開始当初から9%前後をキープしているが、このまま上がらず下がらずで行くのではないだろうか。

第5話視聴率:8月10日更新予定

 - メディア