W浅野不仲の噂!?そして映画「蔵」を突然降板したのは宮沢りえ【ゲスト:浅野ゆう子 ダウンタウンなう 8月26日放送】

      2016/08/29

毎回ダウンタウンと坂上忍、そして飲み仲間女性ゲストがある街のおすすめレストランをハシゴ酒する番組「ダウンタウンなう」。今日は神保町で浅野ゆう子、りゅうちぇる、そしてフットボールアワーをゲストに迎えた。りゅうちぇるはペコへの公開プロポーズもどきを、そしてフットボールアワーは番組のギャラなどを暴露して盛り上がったが、浅野ゆう子はトレンディー俳優時代の秘話を暴露した。

スポンサーリンク

浅野温子との仲について

当時「W浅野」として人気を博した浅野温子と浅野ゆう子。二人が主演した1988年放送のドラマ「抱きしめたい」での秘話について話が及んだ。

二人の仲はよかったのか?

浅野ゆう子は「普通に接してましたよ」とまずコメント。しかし決して仲が良かったとは言わない様子に坂上忍とダウンタウンが突っ込む。そして思わず「直接のバトルはなかったけど、プロデューサーを通じてのはあった」という。つまりどちらが場面数が多いとか序列に関する争いはあったというのだ。

オープニングにも秘話が!

ドラマ「抱きしめたい」のオープニング撮影のとき、やはり浅野温子の方が当時「あぶない刑事」で既に人気を博していた浅野温子の方が序列が上だったという。実際にオープニング映像を見返すと、浅野温子の名前も姿も先に出てくるのだ。数秒の違いだが、そこらへんでの争いはあったのだそう。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

《送料無料》抱きしめたい! DVD BOX(DVD)
価格:24878円(税込、送料無料) (2016/8/27時点)

映画「蔵」で突然降板したのは宮沢りえ

1995年に公開した映画「蔵」、宮尾登美子の長編小説を題材にした作品で、原作は越後の酒蔵を舞台にその跡取り娘で盲目の美少女「烈」を軸にした物語だが、映画版では実はその「烈」の叔母で育ての親である佐穂との親子の物語となった。

そして事件が起きたのはやはり俳優の序列。当初この映画の盲目の美少女「烈」役は宮沢りえに決まっていたが、クランクイン直前に降板したのだ。降板理由は、宮沢りえサイドが佐穂を演じる浅野ゆう子の方が序列が上であることに不満だったからだそう。序列が上ということはエンドロールでも浅野ゆう子の方が上に出るわけで、その点に難色を示したのだという。

スポンサーリンク


代役は一色紗英

宮沢りえの突然の降板が世間を騒がせたこの問題、宮沢りえの代役として起用されたのは宮沢りえと同じく三井のリハウスガール出身の一色紗英。映画の出演はそれまでほとんどなく、この作品で日本アカデミー賞「新人俳優賞」を受賞した。しかしそれ以降映画にはほとんど出演していない。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

藏 [ 浅野ゆう子 ]
価格:2721円(税込、送料無料) (2016/8/27時点)

 

 - メディア