千秋が美咲を抱きしめた!三角関係に夏向はどう動く?「好きな人がいること」第8話あらすじ、感想、視聴率は?

      2016/09/07

若者4人が繰り広げる夏にぴったりの恋愛ドラマ「好きな人がいること」は第8話を迎えた。絶対に夏向と美咲はくっつくはず、でもあと数話残っているドラマがそんなにすんなりいくはずがない、いったいどうなる?

スポンサーリンク

第8話あらすじ(※ネタバレ注意)

ダイニングアウトに向けて

心を入れ替えた冬真(野村周平)が加入したSea Sonsは活気に満ちていた。夏向もどこか楽しそうにやっている。そんな夏向(山崎賢人)と美咲(桐谷美玲)の次の課題は有名レストランプロデューサー・大橋尚美(池端レイナ)が主催する有名レストランとのコラボイベント・ダイニングアウトだ。大橋への料理とデザートのプレゼンは1週間後に迫っていた。

夏向への返事

美咲は悩んでいた、千秋(三浦翔平)が好きだったのにすんなりと夏向と付き合っていいのだろうかと。親友の若葉(阿部純子)は「人を好きになるって理屈じゃない、告白の返事をするなら「今でしょ」」と後押しする。

そんな悩みを抱える美咲に冬真が「素敵な夏の思い出作らない?」と柴崎3兄弟との花火に誘う。そして花火の場で美咲は意を決して夏向に「あの、お話したことがありまして。例の件についてなんですけど。」と切り出すが、ダイニングアウトのことで頭がいっぱいの夏向は、美咲がダイニングアウトの食材を決めたと勘違いして、食材探しに誘う。図らずもスカされてしまった美咲だが、ダイニングアウトが成功したら返事することを心に決める。

美咲がその場を去ったあと千秋が夏向のところにきて、美咲とのことをどう思っているのか聞くと「好きだよ。あいつにはもう言った」とストレートに答える夏向に動揺する千秋。

美咲が足を引っ張っている

地元の農家のもとにやってきた夏向と美咲、美咲がせっせと働くなか「働け!」といつも通りクールに決め込む夏向、しかしなんだかんだでじゃれ合いいいムードの二人。美咲は白桃を使ったデザートで勝負にでることを決める。

苦しみながら美咲は白桃のミルフィーユを完成させた。そして美咲は夏向に「あんたといると、自分でも想像しなかったデザートを作ることができる」と感謝し、そしてプレゼンがうまくいったらお祝いをすることを提案する。ここで美咲は返事をするつもりだった。

そして迎えたプレゼン当日、大橋のもとに料理を出し、そして最後のデザートを口にした大橋は「とてもおいしかったです。ただこのままじゃ出すことができない
少し検討させてください。」とOKを出さなかった。そんな大橋に千秋は理由を問うと「デザートが足を引っ張っている、他のパティシエに変えようと思います。」とバッサリ。そのやりとりを美咲が聞いてしまったのだ。

勘違い

大橋は帰り際に夏向にある資料を手渡していた。テーブルの上に置いてあったその資料を美咲が開けてしまった。その資料とは、大橋が推薦するパティシエのリストだった。美咲は勝手に夏向が他のパティシエと組むと勘違いし、その場から逃走。日村(浜野謙太)の店でテキーラを煽る。

家に帰ってきた美咲に夏向が「だせぇ」と一喝する。その心無い言葉に激怒した美咲は「新しいパティシエとがんばってね」と自分の部屋に戻ってしまう。

お前の代わりなんかいねぇ

その様子をみていた千秋は、ごみ箱にパティシエの資料が破って捨ててあるのを見つける。それを持って向かったのは美咲の部屋、そして美咲は誤解していると告げる。実は大橋が千秋に「夏向君、私が推薦したパティシエとは組まないっていうんです」と相談していた。千秋は美咲に、「夏向は美咲を待っている」と告げた。その言葉にハッとした美咲は、Sea Sonsでデザートの改良に挑む。

そして翌朝完成したデザートを持って大橋のもとへ向かった美咲。しかし大橋は「夏向君のことを思うなら諦めて」とそのデザートを食べようとしない。それでも食い下がらない美咲だったが、大橋も曲げない。そんな状況を変えたのは「じゃあ俺が降りる。俺、こいつとじゃなきゃやりませんから、俺の料理一番わかってくれるの、こいつなんで」と告げた夏向だった。その言葉に折れた大橋は、美咲のデザートを一口、そして美咲をようやく認めるのだった。

お祝いのケーキで事件が起きる

ようやく大橋のOKをもらうことができた二人はお祝いをすることに。美咲はそのお祝いにケーキを自作することにした。Sea Sonsでケーキ作りに励む美咲のもとにある男がやってきた。千秋だ。

ケーキを完成させた美咲がその場から去ろうとしたそのとき、なんと千秋が美咲を抱きしめる。お祝いのために作ったケーキが床に落ちてしまっていた。

スポンサーリンク

ラスボスはなんと千秋だった!

第8話まで超順調に来た桐谷美玲と山崎賢人の恋、しかしやっぱりうまくいくわけがないのが恋愛ドラマ。しかしドラマ開始当初では想像もつかなかった恋のライバルはなんと「千秋(三浦翔平)」だった。誰にでもやさしい三浦翔平は、ついに愛する弟を裏切ったのだ。

それにしても菜々緒、かわいそうである。

美咲と夏向の恋の行方は?

まあどうせ最終回ではうまくいくんだろうけど、次週予告を見る限り

  • 千秋が夏向に宣戦布告
  • 夏向が千秋の恋を後押し、美咲を突き放す
  • そして二人は喧嘩

ということで、なかなか大荒れの第9話になりそう。恋愛ドラマは揉めなきゃおもしろくないのはわかっているけど、なんかすんなりと言ってほしかったと思うのがこのドラマのファンとしての素直な想いである。

第8話視聴率は?

徐々に下がりつつも8%台をキープする当ドラマ。リオオリンピックも終わったし、8%台キープというところか。

第8話視聴率:7.7%(9月6日更新)

 - メディア