夏向が美咲を振ったのはなぜ?の最終回予想。美咲の夢のために身を引いた?【好きな人がいること、第9話あらすじ・視聴率】

      2016/09/20

ついに美咲と夏向がくっつく?と思ったら千秋が美咲に抱きついちゃうっていうハプニングが巻き起こった先週の第8話。あと残り2話となった「好きな人がいること」、一体二人の恋はどうなっちゃうの?

スポンサーリンク

第9話あらすじ(※ネタバレ注意)

美咲のついた嘘

ダイニングアウトの料理が無事決まり、二人でお祝いをしようと約束していた。夏向(山崎賢人)はハンバーグのトマト煮込みを作って美咲の帰りを待っていた。しかし美咲(桐谷美玲)は千秋(三浦翔平)に抱かれていたのだ。そして複雑な表情で帰宅する美咲、「おせぇーよ」と料理を温めなおそうとした夏向だが、美咲は「お腹が痛い」とその場から立ち去ってしまう。

そして翌日美咲が起きると夏向はダイニングアウトの下見にでかけたという。置いて行かれたと思った美咲は急いで会場となる江の島シーキャンドルに向かう。そして昨夜の件を詫びる美咲に夏向は「しょうがねえだろ、具合が悪かったんなら。治ったんならよかった」とさらっと許すが、美咲は千秋といたことは言えなかった。

そして夕日を前に昔抱いていた夢について語り合う。小さいころからのSea Sonsのシェフになるという夢を叶えた夏向に対し、ラムネの中のビー玉を取りたいという小さな夢から海外のケーキ屋で働くという大きな夢まで叶えられずに捨ててきた美咲。そんな美咲に夏向はさくっとラムネの蓋を開けて出したビー玉を美咲に渡し「ほら、一個叶った。(夢・ビー玉両方)捨てんなよ、持っとけ。」と言う。ビー玉を渡された美咲は「ダイニングアウトが終わったらさ、今度こそあんたに話したいことがある」と告白への返事を決意する。

千秋の夏向への挑戦状

自分の気持ちに気づいた千秋はまず楓(菜々緒)に別れを告げることを決意する。千秋に誘い出された楓は千秋の気持ちを察知したのか、(最後に)付き合ってと八景島シーパラダイスデートと花火デートに誘う。そして最後の花火が消えたとき、楓は千秋に振られる前に「私、ボストンに行くの、だから私と別れて」と先に千秋を振る。そして「千秋が今一番一緒にいたい人のところに行って」と告げる。「ごめん」と言い残し、千秋は美咲のもとに走る。

Sea Sonsに来た千秋はダイニングアウトの準備をしていた美咲にストレートに告げる「美咲!俺、美咲が好きだ、今更遅いってことは分かってる、美咲の気持ちが誰にあるかってことも。だけどそれでも俺は、美咲が好きだ。」

返事をもらわぬまま帰宅した千秋は夏向に「俺、美咲に告白した。返事はまだもらってない、でもお前にはちゃんと言っておきたかった」と挑戦状を叩き付けた。

最大規模の喧嘩勃発

千秋の突然の告白を聞いた夏向は美咲が帰ってくると「ちょっと待て、昨日の夜何してた?本当は兄貴と一緒にいたんじゃないのか?どうなんだ?」と問い詰める。その問いに素直に「いた」と告白する美咲に、「よかったな~、また一つ夢が叶って。ずっと兄貴と両想いになりたかったんだろ?図星だろ?」と畳みかける夏向。

美咲は話を聞かない夏向に自分勝手だと反論するも、「自分勝手なのはお前だろ、人の気持ち考えないのはお前じゃないか、おめぇ見てるといらつくんだよ、お前なんか来なきゃよかったんだよ。」と声を荒げる。その夏向の姿に美咲は「あたしだってあんたとなんか会わなきゃよかったよ。」とその場を立ち去り、夏向から受け取ったビー玉を捨ててしまう。

気まずいまま迎えたダイニングアウト

仲直りしないままダイニングアウト当日を迎えた。夏向の指示のもと着実に料理の準備が進んでいくが、そこに美咲の姿がない。そしてデザートの順番が近づくなか、遅れてきた美咲。実は旬の食材であるカボスを取りに行っていたのだ。そのカボスを見た夏向は、即座にメインディッシュのソースを変更、ぎこちないながらも二人の連係プレーで客は大満足したのだった。

そして最後に夏向が客前で挨拶する。「メインディッシュは自分の想像していたものとは全く違うものになってしまいました。想像を超えて最高のものができました。それができたのはある人のおかげです。そいつとはこの夏に初めて会いました。最初は絶対分かり合えないやつだと思ってました。本当にイラつくし、いっつも調子狂わされて。本当にいらつくんですけど、一緒にいると刺激もらいます。彼女のおかげで今日は自分でも想像できない料理を作ることができました。それがそこにいるパティシエの櫻井美咲です。気づいたら、彼女が俺の中でなくてはならない存在になっていました。本日はありがとうございました。」

この挨拶を聞いた千秋は、美咲を夏向に譲る決意ができたのだった。

夏向が下したまさかの結論

ダイニングアウト終了後、美咲は夏向がいるSea Sonsに走る。そして「あんたに話したいことがある」と切り出す美咲、しかし料理に夢中で聞いていない夏向。そんな夏向にしびれをきらし、夏向の口を掴んで美咲がキス。そして「あんたが好き、あたしが好きなのは、夏向です。あんたのそばにずっと居たい。」と告げた。

一瞬美咲のポジティブな返事に笑った夏向、しかしその場から立ち去ろうとする。そして「おせぇーよ、俺はもうお前のことが好きじゃなくなった。」とまさかの美咲を振るという結論。夏向に何があったのか??

スポンサーリンク

最終回予想、「海外のケーキ屋で働く」を叶える美咲のために身を引いたのか?

まさかの結論を下した夏向、ポイントは「ダイニングアウト終了後に夏向に近づいてきた東村(吉田鋼太郎)」と「美咲がSea Sonsに戻ってくるちょっと前にかかってきた大橋(池端レイナ)からの電話」である。

まず考えられるのは東村の企みである。「君たちを丸ごとおいしくいただきたくなった、これからまたおもしろくなりそうですね。」と言った東村が何か美咲と夏向の関係を裂くような提案をしたのか?

そしてもう一つ考えられるのは、夏向が美咲の将来のために身を引くことである。ダイニングアウトが終了したとき、大橋が美咲を見ながら何か手ごたえを感じた顔をしていた。そして美咲は「海外のケーキ屋で働く」という夢を語っていた。ひょっとしたら大橋のもとに美咲の海外進出話が来たのかもしれない。

後者であってほしい!そして最終回のラストは、海外に行った美咲と夏向が1年ぶりに再会する的な「リッチマンプアウーマン(小栗旬・石原さとみ主演)」的ラストを迎えると大予想!

気になる最終回のストーリーはこちら!

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

リッチマン、プアウーマン Blu-ray BOX [Blu-ray] / TVドラマ
価格:25826円(税込、送料別) (2016/9/13時点)

 

今日の胸キュンポイントはビー玉!

今日の胸キュンポイントは何といっても夏向のスピーチとその後のビー玉のやり取りだろう。夏向との喧嘩が原因でもらったラムネのビー玉を捨ててしまった美咲。しかしスピーチ後に夏向は、捨てられたビー玉を美咲に手渡す。そして言った言葉が胸キュン!「捨てんじゃねよ!
持っとけって言ったろ。」やばかった!

野村周平もよかった!

恋愛に絡むことがなくなった冬真(野村周平)は美咲を励ます役に徹している。そんな支える的な弟・冬真の好感度が上昇中である。しかし野村周平、あの場面のほとんどのバスケシュートを外していたのにお気づきだろうか?

第9話視聴率は?

ついに7%台まで落ちてしまったが、何度も言う。このドラマはおもしろいのだ!

第9話視聴率:9.4%(9月13日更新)

 - メディア