妻は若村麻由美!?「黒い十人の女」第1話あらすじ、感想、視聴率は?

   

1961年の映画より何度もリメイクされている映像作品「黒い十人の女」が今回バカリズム脚本で復活した。主演は妻・松居一代といつ別れるのか注目の「船越英一郎」、そして愛人役には瑠璃の島であんなに純粋な女の子を演じていたのにタバコ片手のデート写真が激写された「成海璃子」や大手事務所から独立した途端に踊る大捜査線のメインキャストから外されたものの最近復活しかけている水野美紀など。深夜ドラマなのに出演者が豪華で楽しみな作品、その第1話をレポートする。

スポンサーリンク

第1話あらすじ(※ネタバレ注意)

不倫に発展するタイプは人間のクズ?

まずは不倫のメカニズムについて成海璃子がバカリズムと解説するところから始まる。当番組曰く女性には相手に奥さんがいるとわかったときに「A.冷めるタイプ」と「B.冷めないタイプ」があり、Bが不倫に発展するタイプだという。そして不倫に発展するには4つの条件がある。

  1. 既婚者と知り合うか
  2. 好みの男性か
  3. 自分に対して好意を持つか
  4. 好意を態度に出してくるか

この4つが揃っちゃったときに不倫が発生するが、実際に不倫に踏み入れるかはその女性本人がブレーキを踏めるか!?Bのタイプの女性から言わせると、「好みの男性に迫られて、好きになっちゃった後に既婚者だって知る、そんなんでブレーキが踏めるわけがない」という。しかし不倫は絶対にいけない、そんな絶対にしてはいけない不倫をしてしまうのは人間のクズだ、という結論でドラマは始まる。

愛人が愛人に遭遇

東西テレビの受付嬢・神田久未(成海璃子)はある夜に突然見知らぬ女性から電話を受けるが、切った瞬間ソワソワしだす。実は久未は不倫していた。不倫相手は同じく東西テレビのドラマプロデューサー・風松吉(船越英一郎)。そして久未はかかってきた女性から「どんな関係ですか?」と聞かれ瞬時に奥さんからの電話だと察知してしまう。

そして翌日、カフェで待つ久美のもとに売れない女優・如野佳代(水野美紀)がやってくる。水をぶっかけられたり慰謝料を請求されたりすることを勝手に妄想していた久未は委縮し勝手に謝罪しだしたり涙を流したりする一方、終始さっぱりモードの佳代。そして佳代が切り出す
「ひょっとして奥さんだと勘違いしている?」実は佳代もまた風の愛人の一人だったのだ。

さらに増える愛人

佳代が愛人だと気づいた瞬間にぶち切れる久未、そして口論が始まったとき二人のもとにドラマのアシスタントプロデューサー・弥上美羽(佐藤仁美)がやってくる。そして佳代から「彼女も風の愛人よ」と打ち明けられ、同時に風には久未を含め9人の愛人がいることを告げられる。しかも佳代と美羽は打ち解けてしまい、久未はどうしたらよいのか大混乱に陥る。

別れようかなと思うと運命の出会い

意味の分からない愛人同士の出会いから1日経ち、別れたほうがいいかもと悩みながら夜道を歩く久未。そこに白い外車が止まる、風だった。そして家まで風に送ってもらう久未、別れようとついさっきまで思っていたのに、つかの間の時間を楽しく感じてしまった自分に罪悪感を感じ、そして結局別れられなくなるのだった。

結局は「しない」関係

愛人3人が鉢合わせした日に佳代の家で遊ぶ約束をした3人。しかしその家に風がやってきてしまいクローゼットに隠れる美羽と久未。結局朝まで風は佳代と過ごすもキスもせず仕事に向かった。美羽は「しないの?」と聞くと実は美羽や久未がいたからというわけではなく、いつも「しない」のだという。そしてそれは美羽や久未も一緒だった。

3人で同時に別れちゃう?と一瞬誓おうとするも結局は別れられないという結論に落ち着く3人であった。

スポンサーリンク

トリンドルやMEGUMI登場も、妻は出てこない

第1話では成海璃子を中心に水野美紀と佐藤仁美という3人の愛人役が登場。そしてこの3人と絡むことなくもう一人の愛人で女優の相葉志乃(トリンドル玲奈)、そして恐らく愛人になるであろう脚本家・皐山夏希(MEGUMI)が出てきた。しかし恐らく妻役は結構最後の方まで謎の存在でいくのかな?ポスターから予想するに妖艶女優・若村麻由美のような気がするが・・・

佐野ひなこはやはり端役なのか、それとも!?

そして気になるのが佐野ひなこ。前クールのスキコトでも恋を応援するバーのママ役というかなりの端役だった。そして今回も成海璃子の友人という佐野ひなこにありがちな役柄だが今回は深夜ドラマ、「そして誰もいなくなった」のHey!Say!JUMP・伊野尾慧のようにまさかの裏切り役としてメイン役に出てくることを期待したい。

まだおもしろくはない、第1話視聴率は?

第1話を見て、正直まだ面白さはない。ただの女性の寸劇をみているだけという印象。しかし船越英一郎のおじさんだけどなぜかモテるっていう役柄は絶対はまり役だし、これから誰が愛人役として登場するのかも見てみたいということで、第2話も一応見てみることにする。

第1話視聴率:9月30日以降更新予定

 - メディア