オシャカワ・鉄パンの本当の意味は?江口のりこ、ばっちりメイクが綺麗!「地味にスゴイ」第3話あらすじ、感想、視聴率は?

   

「校閲はそんな甘いもんじゃない」「ファッション披露がうざい」などなど批判が絶えないが高視聴率のドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」の第3話が放送された。

スポンサーリンク

第3話あらすじ(※ネタバレ注意)

是永是之の正体が判明

悦子(石原さとみ)が一目ぼれした男・幸人(菅田将暉)から幸人が登場するファッションイベントに招待された悦子。しかしそのイベントには編集者の貝塚(青木崇高)の姿もあった。そして幸人がランウェイに登場すると、貝塚が「あれがぜえいぜえだよ」と言う。そんなこと知らなかった悦子は驚きMAXになる。これは運命なのか!?

悦子が校閲を担当するのは四条真理恵

校閲部で米岡(和田正人)が校閲をしながら泣いていた。米岡が読んでいたのは、無冠の女王・四条真理恵(賀来千香子)の最新作。実は米岡は四条のファンで、感情移入しすぎて泣いていたのだ。その様子を見た部長の茸原(岸谷五朗)は担当を悦子に変更する。実は景凡社の校閲部では、「ファンが校閲をしてはいけない」というルールがあったのだ。しかし「好きだからこそできる校閲がある」と思った悦子はそれに対して疑問を感じる。

見事な指摘の付箋を貼ったのは誰だ!?

ある日貝塚が校閲部に怒鳴り込んでくる。実は四条が校閲担当者に会いたいと言ってきたのだ。てっきりお叱りを受けると思っている貝塚はイライラしながら悦子を連れて四条の自宅へ向かう。

しかし行ってみると全く怒っておらずむしろ歓迎ムードの四条。実はシリーズ作品である最新作について、「18年前のシリーズと登場人物の設定が違う」というファンでしかあり得ない付箋を貼った校閲に感動していたのだ。そして四条はデビュー当時から「本に恋するメガネザル」というペンネームでファンレターをくれていた人とこの付箋を貼った人は同一人物ではと思っていたのだ。しかしその付箋に覚えがない悦子、その場は話をうまく合わせるが、米岡の仕業では?と社に戻って米岡を問い詰める。しかし米岡ではなかった。

本に恋するメガネザルの正体

ある日四条主催のワインパーティーに誘われた悦子と米岡、会場に向かうと不思議な格好をした女性を発見。顔を覗き込むとなんとそれは藤岩(江口のりこ)だった。藤岩は実は四条がデビュー作「二人の花園」からのファン・マリエンヌで、四条にファンレターを出していた「本に恋するメガネザル」だったのだ。藤岩は東大を卒業しながら景凡社に就職したのも四条の担当になりたい一心だったのだ。しかし校閲のルールに忠実な藤岩はその思いを必死に抑えていたのだ。悦子の計らいで四条の最新作の再校を担当することになった。

藤岩大変身

無冠の女王・四条の「インドシナの女」が丸川賞にノミネートされた。その待ち会(文学賞の発表当日、候補者の版元が幹事となって他社の編集者や関係者を一堂に集め食事などをしながら受賞、もしくは落選の連絡を待つ会)に校閲部一同が招待された。各自おしゃれをして当日のパーティーに行くが、「おしゃれをすると馬鹿になる」と教えられて育った藤岩はいつものスーツで行くという。それに納得しなかった悦子は藤岩を大変身させる。

メイクアップ途中、Lassy編集部の若手部員が部屋を除いてしまい、「あれ鉄パン(鉄のパンツをはいていそうな女)じゃない?」と陰口を叩いているのを聞いた悦子は彼女らに「この若いだけの女が、テツパンの本当の意味も知らずに馬鹿みたいに呼んでるんじゃねぇよ」と一喝する。その姿に心底悦子に感謝をする藤岩だった。

感動の再会

パーティー会場にやってきた悦子と藤岩。藤岩は普段全くしないオシャレをしたため、陰に隠れてしまう。その藤岩を悦子は無理やり引っ張り出そうとしていたその時、四条の電話が鳴る。なんと丸川賞を受賞したのだ。

その受賞連絡後藤岩の姿に気づいた四条は、藤岩に「長年ファンでいてくれてありがとう、これからは仕事でもよろしくお願いしますね。」と感動の言葉をかけてもらうのだった。

スポンサーリンク

「テツパン」・「オシャカワ」の本当の意味

今回は「テツパン」・「オシャカワ」の略語がキーポイントだった。まずは「テツパン」、景凡社の社内では藤岩のことを「鉄のパンツをはいていそうな女」と馬鹿にする意味で用いていた。それを校閲で本当の意味を知っていた悦子が正したシーンが印象的だった。ちなみに「鉄のパンツ」とは「男女いずれかがそのパートナーの純潔を強制するために、性交渉を不可能にするために用いられた施錠装置つきの下着」のことだ。つまり実は魅力的な女性を他人にとられないためにはかせたものだったのだ。(十字軍の時代に起因すると言われている)これは目から鱗。化粧をした江口のり子は意外に綺麗だった!

ちなみに「オシャカワ」とは「おしゃれでかわいい女」と悦子は勘違いしていたが、実は「(地味な校閲部で働いているのに、無駄におしゃれをしてかわいそうな女」の略だった。これは正直意外だけど笑った。

米岡の恋に注目

吉木りさと交際中の和田正人が演じている米岡は、公にはしていないが印刷会社の正宗(杉野遥亮)に恋をしている。今日は耳元で囁かれ、なぜか昇天するシーンが。。。この恋はどのような結末を迎えるのか!?正直悦子と幸人の恋よりも注目だ。

第3話視聴率は?

第2話まで二桁をキープしている当ドラマ。しかし第2話は11.2%と第1話から1%以上下げている。ひょっとすると一桁もあり得るかもしれないが、結果は如何に!?

第3話視聴率:12.8%(10月20日更新)

 - メディア