男がメンズブラジリアンワックスサロン「Luxy Bronze(ラグジーブロンズ)」に行った話(前編)

      2017/05/21

ブラジリアンワックスをご存じだろうか。ちょっと前に山本KIDの元妻MALIAがよくテレビで実演して有名になり、また最近では香川真司などが「欧米の男子はつるっつる(トゥルントゥルン)」が常識とテレビで発言したことで男女問わずポピュラーになった毛の処理である。(トゥルン香川の話 by やべっちfc)

しかし欧米ではポピュラーだからといっても、まだまだ日本では一般的ではなく、しかも男が毛の処理なんてという声は多い。しかし昔から股あたりがよく蒸れることに悩んでいた私は、勇気を出してブラジリアンワックスのサロンに行ってみることにした。今日はその時の話をレポートする。

スポンサーリンク

私が行ったサロンは「luxy bronze(ラグジーブロンズ)」

今回私はLuxy Bronzeという池袋にあるブラジリアンワックスサロンだ。私がなぜここを選んだかと言えば「施術者が男性である」からだ。あとで触れるが今回私が施術をしてもらったのはいわゆる「VIO」という股付近とお尻である。ブラジリアンワックスサロンのホームページには「女性の施術者であっても気にしません」と書いてはあったが、やっぱり気になるもの。その点ここは男性が施術してくれるため、安心して受けられると思ったからだ。

予約はHotppeper Beautyで

マツコデラックスのCMでお馴染みのHotpepper beauty。女性だけのもの?ヘアサロンだけ?なんて誤解されがちだが、意外に男でもいろんな用途で使える。今回行ったサロンLuxy Bronzeもホットペッパービューティーから予約が可能だった。(直接電話するのも気が引けるし、リアルタイムで予約ができたので、こういうときはかなり便利である)



今回申し込んだのは「VIO」

VIOとはいわゆるお股近辺からお尻までのエリアのこと。香川真司のようにつるっつるにすることもできるし、「デザインVIO」という陰毛を程よく残すことも可能らしい。私はもうどうせやるなら!とつるっつるを選択した。

いざサロンへ!

Luxy Bronzeは池袋駅東口から徒歩5分のところにあるマンションの1室にある。普通のマンションのようにインターホンを押すと、男の人が出てきた。その人が今回施術をしてもらったTakuyaさん。中にはTakuyaさんのみだった。



まず入ると奥に通されて、カウンセリングシートを記入する。カウンセリングシートは基本情報(氏名や住所など)やアレルギーに関することだったりを記入する。そして記入が終わると、ブラジリアンワックスの施術について説明があり、こちらが不安に思っていることについても聞いてくれた。私は「痛いんですか?」とありきたりなことを聞いてしまい、「人によっては・・・」そりゃそうだ。

スポンサーリンク

さあいよいよ施術を開始

一通りの説明が終わると、カーテンが閉められお着換え。と言っても下半身を全裸になってタオルで巻いてスタンバイ。さあいよいよ施術台へ移動!

というわけで実際の施術は次回に!

男がメンズブラジリアンワックスサロン「Luxy Bronze」に行った話(後編)

 - 体験レポート