煮卵しんじょうから香り箱まで、マツコ絶賛のねりものを紹介、オカマは練り物が好き?【マツコの知らない世界・8月15日】

   

すっかり定着した低予算・高視聴率のコスパ番組「マツコの知らない世界」。今日8月15日の放送では当番組でもかなりのニッチなところを攻めた企画「絶品ねりものの世界」がテーマであった。プレゼンターは「1年365日、40年間ねりものを食べ続ける男 土井雄弘(どいかつひろ)64歳」、
広島県呉市出身、元水産煉製品新聞編集長であったそうだ。

マツコもミッツマングローブも好きな練り物、特にマツコは「さつま揚げ」だけで一食を済ますことがあるというほどの練り物フリーク。そんなマツコに”全かま(全国かまぼこ連合会)”土井はどんな絶品ねりものを紹介するのか。

実はねりもの記念日があった!

  • 5月24日は伊達巻の日
    →伊達政宗の命日、伊達政宗が愛した伊達巻を亡くなった後も後世に伝えたいという想い。
  • 7月7日は笹かまの日
  • 11月15日はかまぼこの日
    →蒲鉾(ちくわ)が初めて古文書に登場したのが1115年
  • 12月22日ははんぺんの日
    →冬至、冬至に「ん」が2回つくものを食べて無病息災を祈願する風習があったことにちなんで。

番組で紹介された絶品練り物

日本全国の練り物を食べ尽くした土井が紹介する絶品お取り寄せ練り物はこちら。

ミッツマングローブが大好き
新川(宇部蒲鉾)

 

週5で食べても全く飽きない
超特選蒲鉾 「古今」(鈴廣)

 

ビールのお供に最高
ごろごろ枝豆揚げ(山口県フジミツ)

 

夏にぴったりなもう一品
京の魚そうめん 清滝 (はま一)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

はま一 魚そうめん
価格:430円(税込、送料別) (2017/8/15時点)

 

新潟県の隠れた名産
煮玉子しんじょう(竹徳かまぼこ)

 

最新かにかま、これはもうカニ!
香り箱(スギヨ)

 

ほぼホタテ(カネテツデリカフーズ)

 

うなる美味しさうな次郎(一正蒲鉾)

 

 - メディア