モンテ・クリスト伯 第5話 出口はどうやって誰になぜ殺された?手紙で目覚めた瑛理奈による遺産目的の殺人か?

   

今期のフジテレビのドラマは面白い!そんなワードをメディアでよく目にする。まるでフジテレビが仕掛けたステマ?とも思えるほどだ。でもこれは事実だと私も思う。そしてそんな中でも最もはまるドラマがディーン・フジオカ主演の木10ドラマ「モンテ・クリスト伯~華麗なる復讐~」だ。

第1話こそなんだかわからない展開で、ディーンフジオカの自己満足にすぎないように思われたが、第2話から1話完結物とは一線を画すじわじわとした復讐劇にドキドキさせられる展開は秀逸そのもの。

そして5月17日に放送された第5話ではじわじわと入間公平(高橋克典)とその家族への復讐が描かれた。少し難しい話だったため、いくつか疑問が残ったので、その疑問と私なりの解釈を書きたい。

このあとはネタバレ注意!

第5話の疑問点

なぜ・どうやって・どのように入間未蘭(岸井ゆきの)の婚約者である出口文矢(尾上寛之)は殺されたのか?
南條すみれ(山本美月)は真海を柴門暖(ディーン・フジオカ)だと気づいたのか?
江田愛梨(桜井ユキ)と南條幸男(大倉忠義)の関係は?

出口文矢殺害までの経緯

第5話冒頭、入間の娘・未蘭の婚約者である外務省職員・出口文矢がマレーシアから帰国し、真海の家を訪ねることから話がスタートする。マレーシアの在外公館に駐在していた出口は、真海がマレーシア政府に手を回したことで日本に帰国することができたのだ。しかしその帰国直後、真海は出口に妙な提案をする。それは「入間貞吉(伊武雅刀)を殺せ」というもの。実は貞吉が遺言書を書き換え、出口と未蘭が結婚したら30億円にも及ぶ遺産は寄付すると公平らを脅したのだ。しかし真海は「結婚する前に貞吉を殺せば、遺産は入るし、未蘭と結婚もできる。何より警察幹部の公平宅での殺人は事件化するわけがない」と入れ知恵したのだ。

ある日、真海は公平とその妻・瑛理奈(山口紗弥加)を「大事な話がある」と自宅に招待した。それは入間家から公平夫婦をおびき出し、出口に貞吉殺害のチャンスを与えるためだった。

ハイボールが好きな出口のために瑛理奈が用意したウィスキーと炭酸水。未蘭と出口は二人でお酒を楽しむ。しかしある時、守尾信一朗(高杉真宙)が入間家を訪ねてくる。未蘭が欲しいと言っていたダボハゼの雄を届けるためだ。そして未蘭が席を外している間に出口は貞吉の部屋に行き、殺害を試みる。

信一朗の告白を断った未蘭は家に戻ると、リビングに出口の姿はない。そして貞吉の部屋に行くと、なんと泡を吹いて倒れていたのは出口だった。公平は貞吉の仕業だと疑うが、実は真犯人は別にいるようで。

公平の妻・瑛理奈(山口紗弥加)が出口を殺した理由と方法

まず振り返りたいのは、真海が愛梨に「出しておいて欲しい」と言って渡した手紙である。ここには「13年前、前の奥様を毒殺したように
入間貞吉を殺してください。遺産を戴ければ、他言は致しません。出口文矢」と書かれていたのだ。そしてその手紙のあて先はなんと入間瑛理奈だった。

つまり

  • 瑛理奈は13年前、入間の前妻で未蘭の母を殺害
  • 瑛理奈はその殺害を出口に知られたと勘違い
  • 瑛理奈の実の子供・瑛人(宇都宮太良)に遺産を残すため、出口が邪魔だった
  • ということでキッチンにある毒物を炭酸水に混入、殺害

ということであろう。

すみれは真海の正体に気づいたのか?

出口殺害のため、入間夫婦を自宅に招いた真海。しかしそこに予想外の客人が現れる、すみれだ。真海がすみれだけを避けていることが気になった愛梨が、わざとすみれを真海宅に送り込んだのだ。

猫舌を隠すために敢えて熱々の小籠包を我慢して食べたりしていたが、かつての婚約者であるすみれの登場に動揺を隠せない真海、会食中に「夜風にあたってきます」とテラスに出てしまった。そこに追いかけるように来たすみれは、娘・明日花(鎌田恵怜奈)が書いた絵を真海に手渡す。そしてすみれは真海に「真海は結婚を考えた人はいたか?」と質問する。ここで真海は「かつて一人だけいた。しかし私が長い旅をしている最中に、他の人と結婚してしまった。」と正直に答える。すみれは「その女性を恨んでいますか」と質問。真海は「その女性はもう死んでしまったと思うことにしている」と答えた。

結論を言うと、

  • すみれは真海が暖だと気づいた。
  • そしてすみれに気づかれたと真海も悟った。

真海はすみれに会ったら動揺するし、嘘をつけないことをわかっていたから、敢えてすみれを避けていたのだろう。

幸男と愛梨の関係は、香港の裏組織「ヴァンパ」にあった(第6話予告)

次回第6話では、真海の復讐の矛先は南條幸男に向くことになる。真海が神楽清(新井浩文)とその妻・留美(稲森いずみ)、また入間家に復讐を重ねる裏で、幸男は怯えていた。というのも中国語で「人殺し」と書かれた脅迫文ファックスが送られていたからだ。

今では逆輸入俳優として大人気の幸男、しかし誰にも知られたくない過去が、日本に帰国前に芸能活動をしていた香港にあったのだ。それは次回予告にも登場したある香港の新聞記事にあった。

まとめると、

  • 香港の人気俳優だったショーン・リー一家殺害事件があった
  • 殺害事件の黒幕は、香港の裏組織「ヴァンパ」
  • 幸男は当時ショーン・リーの付き人をしていたが、一方でヴァンパから借金があった
  • ある日ショーン・リーが留守中に、幸男の差し金でヴァンパがショーン・リー宅に押し入り、盗みを働く
  • 偶然帰ってきてしまったショーン・リー一家はヴァンパによって殺害されてしまう
  • しかし偶然生き残ったただ一人の娘が、愛梨だ

ということだろう。

ますます面白くなってきたモンテ・クリスト伯。視聴率こそ一桁だが、満足度は一般的に「高い」とされる3.7以上をキープ。こんな面白いドラマを作ったスタッフさんのためにも、少しでも視聴率が上がって欲しい。

 - メディア , , , , , ,