ニュージーランドで48㎞/h超過のスピード違反をしてしまった時の話

      2016/06/19

2014年のある日、私はニュージーランドをレンタカーで友人と旅行していた。国際運転免許証を使ってクライストチャーチで車を借り、Kaikoura(カイコウラ)でホエールウォッチングをしたあと、その日はテカポ湖に宿をとっていて、日が沈むまでにチェックインしたい気持ちでかなり焦っていた。100㎞の道を130㎞くらいで走っていたと思う。そして80㎞制限となったクライストチャーチ近郊の街で、私はスピード違反をして捕まってしまったのだ。

スポンサーリンク

追いかけてきた警察

元々かなりのスピード超過で走っていた。そのため100㎞制限が80㎞制限になったのを気づかず、道もすいていたので130㎞のまま進んでいた。すると対向車線にブルーとオレンジ色をした車とすれ違った。そう、ニュージーランド警察である。

このまま逃げれる?、でも追いかけてくる?数秒の間にこの2択が行き来した。でも何か嫌な予感がしたので路肩に停車した。するとほどなくしてすれ違った警察が後ろについた。

誠意をもって答えるも恩情はなし

まずパスポートと国際運転免許証を提出するよう言われる。そして書類作成のため10分ほど自分の車で待つ。今回どうやら私は時速48㎞超過していたようだ。ニュージーランドの法律では、超過が40㎞を超えると免停(28日間免許停止)となるそうだ。

では国際運転免許証の場合はどうか。警察官によると、まず国際運転免許証は28日間没収される。そして無免許となるためこの後28日間運転してはいけない。もし運転しているのが見つかれば、逮捕され強制送還となると言われた。

ここからのロングドライブは、友人が行うことになった。

罰金はかなりの高額

罰金は630ニュージーランドドル(当時のレートで約50000円)。決められた期限までにウェブから専用サイトでクレジットカードにて支払う。Notice Numberという違反毎に発行される個別番号(サンプルはこちら)が、警察から捕まった際に発行されるので、それを入力して支払う。

すると

Please retain the following information as confirmation that your payment has been received and processed successfully by New Zealand Police.

というメールが届く。

没収された免許証はどうなるの?

捕まった際に警察から言われたのは「罰金の支払いが確認されて、今日から28日後に日本の住所に送る」と。しかしあれから2年、未だに送られてきていない。

国際運転免許証は期限が1年、取り返すのは諦めることにした。

この出来事から二度と海外で時速10㎞以上スピード超過をすることはなくなった。

スポンサーリンク

 - 海外レポート