なんかのドラマのパクり?「私結婚できないんじゃなくて、しないんです」第1話のあらすじ、感想、そして視聴率は?

      2016/04/23

「おい、そこの女、お前らの考えは根本的に間違ってるんだよ。」という衝撃的な一言から始まるこのドラマは、TBS系金曜夜10時から放送される「私結婚できないんじゃなくて、しないんです。」だ。原案は水野敬也著書の「スパルタ婚活塾」。中谷美紀が主演、39歳独身の「モテない女」を演じる。共演は藤木直人、大政絢、チュートリアル徳井、瀬戸康史、夏木マリなど。2016年4月15日に第1話が放送された。ちなみに主題歌はいきものがかりの「Sweet! Sweet! Music!」。

スポンサーリンク

第一話あらすじ(ネタバレ注意)

主役は橘みやび(中谷美紀)39歳独身、高校時代から美人で優秀。医大を卒業後臨床医として皮膚科に勤務、その後形成外科勤務を経て35歳で独立。青山に美容皮膚科クリニックを開業。マンションを所有し、かわいい犬を飼い、インターネットで漫画を買って読み漁る、そんな日々を過ごす。

ある日みやびは「独身グルメ女子会」メンバーの高津(マルシア)と山本(蘭寿とむ)と一緒に紹介制の和風割烹「とくら」にやってくる。そこの店主が十倉誠司(藤木直人)。

みやびたちは女子会ならでの話題で盛り上がるが、盛り上がり過ぎてしまい、十倉の出した料理の食べ方のアドバイスを無視してしまう。この3人が来店したときからいらいらしていた十倉は、彼女らの話を「無駄かつ不毛」と一蹴。みやびのことを「おまえ」呼ばわりしながら罵倒し続け「結婚できない女の典型、しないんじゃない、できないんだ。」と言い放つ。「美人・キャリア・アラフォーの3重苦を背負った恋愛弱者だ、負け組だ」とも。

ある日、同窓会で再開した池田と飲みに行くことになった。冴えない男で飲んでいてもつまらず帰ろうとすると、池田の携帯に一本の電話が。なんとみやびが高校時代片思いをしていた桜井洋介(徳井義実)からの電話だった。桜井はみやびと同じ日比谷第一高校出身で、現在は三瀬物産でエネルギー資源開発を担当。インドネシアでの勤務を終えて日本に帰ってきたばかり。その桜井がそこに来た。桜井も独身であることを知り、テンションがあがるみやび。

勇気を振り絞って桜井をご飯に誘うとみやび、すると来週どう?という返事が。恋愛マニュアルにあった「聞き役に徹する」「リアクションをとる」「気遣いをかかさない」というのを意識して十倉の店で食事をする。しかしその様子を見ていた十倉は一言「終わったな」とみやびに言い放つ。マニュアルをこなすために必死すぎ、相槌を打つだけの退屈なアラフォー女性なんて興味ないんだと。実際その言葉通りみやびは桜井にふられてしまう。

十倉から恋愛指南をうけるみやび。退屈過ぎる女を脱し、「突っ込みを入れろ」「高嶺の花」と思わせろと。むかつくもなぜふられたかを納得するみやび。恋愛指南を受けることを決めたみやび。最後に十倉が一言「彼氏ではなく「仮氏」を作れ」。

「仮氏」ってなんだ?次週へ続く。

モテないキャラが意外にもはまる中谷美紀

「中谷美紀がモテない女?違うでしょ!?」と思ったけど実ははまり役。というのも今回は「美人、キャリアウーマン・アラフォー」というかっこいいけどモテないという、ある意味表裏一体の女性像を演じるからだ。なんか完璧すぎて手を出しづらい、中谷美紀にぴったりの役柄。

高校生時代はAKB48(SKE48)松井珠理奈

AKBなんか出して、人気取りでしょ?と思ったけど、確かに相当美人さんじゃないと中谷美紀の少女時代なんて演じられない。演技がうまいか下手かを判断するほどのセリフやシーンがなかったのでわからないが、さすがの透明感。不自然さはなかった。

うーん、なんか見たことあるこんなドラマ

見ていて、最近の2つのドラマが頭をよぎる。まず一つは篠原涼子主演の「オトナ女子」。江口洋介が説教くさく恋愛理論を語るところは、今回の藤木直人の役に重なる。

そしてもう一つは、これもまた篠原涼子主演の「ラスト シンデレラ」。瀬戸康史が中谷美紀に抱きつくシーンは、あれ三浦春馬?とまさにデジャブな印象を受けた。

まあアラフォー女性の恋愛模様を描くと、こんな感じになっちゃうのかな?

独身の人は共感することもあるが、説教臭いドラマは受け付け難いか?

中谷美紀の母親役を演じる夏木マリのセリフ、「結婚すると何がいいって、あれこれ思われないで済む」っていうのは非常に共感。その他、独身の人(私も)には結構沁みる言葉がでてくる。

しかし説教臭い。恋愛術を指南する際に使う再現ドラマ(教材ドラマ)もちゃんと中谷美紀が演じているところはおもしろい。でもやはり総じて説教臭い。

中谷美紀が今後結婚できるのか?っていうストーリーなんだけど、説教が先に出てしまうので、正直次回へのワクワク感が薄い。次週も見るかは微妙。

視聴率は正直そこまで期待できない気がするが、如何に?(視聴率:10.3%(4月18日更新)

気になる第2話のストーリーはこちら。

 

 - メディア