火曜ドラマ「重版出来!」の神原役は誰だったの?

      2016/06/19

2016年4月12日、火曜ドラマ「重版出来!」の第1話が放送された。その時の感想は前回のブログで書いた。しかし実はそのブログを書きながら、一つだけわからなかったことがあった。小日向文世が演じた三蔵山のアシスタントで、その三蔵山に嫌がらせをするという第一話のキーマンであった神原という役を演じた俳優が、どうしても見つからなかったのだ。

この数日間、「あれはだれだったの?」と思っているとようやく判明したので、今回はそれを書きたい。

スポンサーリンク

松嶋亮太さんでした

この名前を聞くと、個人的にはプロ野球独立リーグの四国アイランドリーグ「徳島インディゴソックス」の選手を思い浮かべてしまうのだけど、結構いろんな作品に出ている俳優さんだった。

1978年4月15日生まれの38歳で東京出身。出演作品を見ると、サイコメトラーEIJIや金田一少年の事件簿、最近ではリーガルハイや相棒などにも出ていた。

静岡県では知名度が高い松嶋亮太

Googleで「松嶋亮太」と検索すると2番目に出てくるのが「望月商事」という静岡の会社。実は松嶋亮太がこのローカルCMに出ているということで、静岡では知名度が高いということのようだ。

重版出来!で見せた秀逸な演技、しかし公式ホームページには掲載されず

重版出来の公式ホームページには名前さえ掲載されていないのだが、第一話で見せた「人生を諦めきった」「憎しみたっぷりな」演技は、望月商事のCMで見せるパッとしない?ただ明るい人とはまた違うゾッとするものがあった。

第二話以降には登場するか?

松嶋さんは基本ここ数年の出演作品を見ると、1話ゲストという扱いが多い。重版出来!公式ホームページにも掲載されていないところを見ると、この後出演する可能性は薄い。ただ、三蔵山のアシスタントにはムロツヨシという主要キャストがいる。なのでひょっとしたら三蔵山のところにもう一度スポットがあたるのでは?とも思うが、今後は如何に?

スポンサーリンク

 - メディア