松潤の口が回ってない?日曜ドラマ「99.9% 刑事専門弁護士」のあらすじ、感想、そして視聴率は?

      2017/05/21

TBS系日曜9時のドラマ「99.9% 刑事専門弁護士」が2016年4月17日始まった。このドラマタイトルの「99.9%」とは、日本の検察が起訴した案件の有罪率。超慎重な日本の検察は、有罪に間違いない事件しか起訴しないという考え方から来ている。このドラマは、その残り1%の無罪の可能性にかける弁護士にスポットを当てている。

主演は嵐の松本潤、そして脇は榮倉奈々、香川照之、片桐仁、マギー、渡辺真起子、藤本隆宏、青木崇高、映美くらら、奥田瑛二、岸部一徳など。(元オリンピック選手の藤本隆宏についてはこちら

スポンサーリンク

第一話あらすじ(※ネタバレ注意)

ヘッドハンティング

このドラマの主役は貧乏弁護士・深山大翔(松本潤)。金にならない刑事事件ばかりを引き受ける弁護士。パラリーガルの明石達也(片桐仁)とともにある刑事事件を無罪にしたその帰り、”変なおじさん”から話しかけられる。そのおじさんは、班目法律事務所のマネージングパートナーの班目春彦(岸部一徳)。なんと契約金3千万円でヘッドハンティングされたのだ。班目法律事務所は企業法務専門の弁護士事務所だが、刑事事件専門の部署を「社会貢献」のために立ち上げることを決めたため、そのスペシャリストが必要だったのだ。深山は明石の必死の説得により班目法律事務所に入る(契約金は辞退)。

刑事専門部署のメンバー

新設された刑事事件専門部署の室長は佐田篤弘(香川照之)。自分のオフィスに桜花賞の記念旗を飾り、自分の愛犬にトウカイテイオウと名付ける競馬ファン。元検事で現在は企業法務で億を超す案件をバリバリやっていた佐田はその人事に抵抗するが、任期1年間を満了したらマネージングパートナーに昇進させるという約束のもと、この人事を渋々引き受けることにした。同じくこの部署に配属されたのが立花彩乃(榮倉奈々)。佐田と同じく民事を専門にやってきた若手弁護士のエース。新日本プロレスのオカダカズチカを待ち受け画面にし、タイガーマスクを携帯ケースにデコるほどのプロレスファン。

そして弁護士をサポートするパラリーガルは、深山と一緒に採用された明石と、他部署から移動してきた藤野宏樹(マギー)、そして佐田のサポートを担当していた戸川奈津子(渡辺真起子)。

舞い込んだ弁護依頼、99.9%有罪の可能性

部署が立ち上がってすぐ、ある殺人事件の弁護依頼が舞い込む。都内で運送業者「赤木運送」を営む赤木(赤井英和)が、赤木運送の取引先であるMaxVの塙社長殺害容疑で逮捕された。指紋のついた凶器、後ろ姿だけだが防犯カメラの映像、そして一方的に契約を切られたことへの恨みという動機、塙社長の妻・のぞみ(堀内敬子)による犯行直後の目撃証言、すべてが赤木が犯人であることを示していた。早速深山と立花が接見に行くが、赤木はやっていないという。

検察の裏付けをひっくり返す

深山は立花とともに調査をすると、以下が分かった。

  • 深夜に赤木運送の近所で火事があってサイレンがうるさかったのに、それでも赤木が起きなかったのは不自然。睡眠薬を飲まされていたのでは?
  • 防犯カメラに後ろ向きだけで映るにはかなりの練習が必要
  • 塙の妻が暗いトンネルで、赤木だと断定するのは不自然。

そして佐田も企業法務を担当していた経験から、MaxV社の実態を調査し、常務のトモナガ(田中要次)が会社の金を使い込んでいたことを突き止める。

0.1%の無罪を勝ち取る。

塙の妻・のぞみが赤木を目撃したという証言を、トンネル内のナトリウムランプ下での色の見え方の変化をもとに覆し、真相はのぞみとトモナガの共犯であったことを導いた深山。無事赤木は妻(加藤貴子)と子の元に帰ることができたのだった。

今後注目なのは、深山と大友の関係

ドラマの最後、検事正の大友(奥田瑛二)とすれ違うシーンがあるが、昔何があったか?実は親子なのか?などなどいろいろ妄想させるシーンがあった。この関係がこのドラマの一つのキーポイントになっていくのだろう。

いろいろ無駄な設定とギャグ

このドラマは、スタイリッシュになりすぎないように?なのか、なぜか松本潤と榮倉奈々がギャグを繰り返す。「電話にでんわ」「オーマイ&ガーファンクル」などなど。うーん、正直ギャグ要素は片桐仁のみで十分な気がするが。

そのくせに、料理しながら推理という松潤をかっこよくみせる風のある意味無駄な設定も登場。

貧乏弁護士という役柄がちょっと違う?口が回っていない松潤

松潤が今回は「貧乏弁護士」を演じているが、なんか松潤のイケメン顔と、ダサいリュックを背負う「貧乏弁護士」感にアンバランスさを感じてしまった。

また弁護士ドラマはセリフが超多くて難しく、役者さんは苦労するらしい。松潤、何度か噛んでたような?

加藤貴子久々登場!

「温泉へ行こう」でおなじみ加藤貴子、その他「Good Luck!」や「とんび」などTBSご用達の女優さん。久々にドラマで見た気がするが、相変わらずの特徴的な声。懐かしかった。

第2話は風間俊介が登場

次回予告を見ると、次回の被疑者は風間俊介が演じるらしい。上記の通り、いろいろ引っかかる点はあるものの、民事と検事の合わせ技で事件解決に挑むのは新しいし、単純にストーリーはおもしろかった。次回も必ず見たい。

第2話のストーリーはこちらから!

第一話の視聴率は?

1話の視聴率は、裏の行列の出来る法律相談所に、若者から人気の岡田将生・松坂桃李を「ゆとりですがなにか」の番宣ゲストとして出演していただけに、正直厳しいか?(視聴率=15.5 %(4月18日更新))

スポンサーリンク

 - メディア