どうした?クドカンさん「ゆとりですがなにか」第1話の感想、あらすじ、視聴率は?

      2017/05/21

2016年4月、日テレ系日曜夜10時半のドラマ、「ゆとりですがなにか」が始まった。主演は岡田将生、松坂桃李、柳楽優弥。1987年生まれ29歳のいわゆる「ゆとり第一世代」3人の苦悩を、原作なしの宮藤官九郎オリジナル作品が描く。出演はその他、AKB48の島崎遥香や青木さやか、加藤諒、手塚とおる、でんでん、中田喜子など。

個人的な注目ドラマとしてブログを書いたが、大野智主演のドラマとともに期待外れっぽい作品であった。

スポンサーリンク

第一話あらすじ(※ネタバレ注意)

物語の主役の一人坂間正和、「みんみんホールディングス」という食品会社の社員。企画、宣伝、営業とたらい回しにされるも結果が出ず、関連会社の居酒屋チェーン「鳥の民」高円寺店の店長にとばされる。

ある日、正和はバスの広告でみつけた「レンタルおじさん」麻生(吉田鋼太郎)に職場での悩み事を相談していた。自分の担当であった仕出し弁当会社を後輩入社2年目の山岸(太賀)に引き継ぐことになったが、山岸はどっぷりゆとり世代で仕事を完全に舐めきっていて、注意しても暖簾に腕押し状態だったことを悩んでいたのだ。しかも、飛ばされた店舗では名ばかりの店長で、バイトリーダー(少路勇介)に完全に舐められていた。また関係がうまくいっていない彼女・宮下茜(安藤サクラ)は出世し、「鳥の民」高円寺店を含む杉並世田谷地区のエリアマネージャーに。何もかもがうまくいってなかった。

「レンタルおじさん」麻生には常連がいた。それが二人目の主役・山路一豊(松坂桃李)、小学校教師。山路も教育実習生としてやってきたこれまたどっぷりゆとり世代の佐倉(吉岡里帆)に手を焼いていた。

たまたま同じレンタルおじさんの利用で知り合いとなった正和と山路。道を歩いているとあやしい店の勧誘が。その呼び込みこそもう一人の主役・道上まりぶ。(今回はほとんど登場なし)

ある日、後輩の山岸に引き継いだ仕出し弁当会社の社長・野上(でんでん)から正和に電話がある。発注していた冷凍から揚げが届かないというのだ。実は山岸の受注ミスで誤って正和が店長を務める店に届いていた。これに激怒した正和は山岸を怒鳴り、一緒に野上の元へ。野上は怒っていなかった。

山岸は「初めて人にちゃんと叱っていただきました」と正和に感謝する。しかし翌日正和のもとに会社から電話があり、山岸が正和からパワハラを受けたことをショックに退職するとLINEで一斉に社員に出したという。そんなときに中央線で人身事故発生。まさか山岸が?第2話に続く。

正直な感想、ちょっと退屈

第一話は、ストーリーというよりも人物紹介的な役割が強かったように思える。それだけに後半の弁当受注ミス事件が発生するまでは少々退屈だった。あそこまでで結構耐えきれない視聴者は離脱したんじゃないかな?

ゆとりって2世代あったのね

私のように少しおじさんになると、ゆとりは一括りに考えていたけど、実は2世代あったことを初めて知った。しかもゆとり第一世代とは、「大学3年生でリーマンショックで就職氷河期、入社後1年目で東日本大震災」などなど、本当に不遇な世代だったことはこのドラマを通じて知ったこと。

それにしてもゆとり第2世代を演じてる太賀、マジ最高。ただ島崎遥香演じたゆとりの面接は不自然なほどひどかったね。

知らない役者さんが結構出てた。

今回ドラマをみながら主要キャスト以外は名前の知らない役者さんが多かったように思う。

正和の兄を演じてる高橋洋

蜷川幸雄のスタジオで磨いた実力派の俳優さん。1972年9月5日生まれ、大阪府出身の43歳。ニナガワ・スタジオ所属の頃は舞台中心だったが、その後はドラマなどに多数出演。ガリレオや半沢直樹。ルーズヴェルト・ゲーム、コウノドリなどにも出ていた。

正和が店長を務める店のバイトリーダーを演じる少路勇介

よく見る顔だけど、誰だっけ?というこの方は、クドカンや安部サダヲ、星野源など実力派俳優が多数所属する大人計画所属の役者さん。1979年11月19日生まれの36歳歳、岐阜県出身。こちらも相棒や遺留捜査、電車男などに出ていた。

山路のもとにくる教育実習生を演じる吉岡里帆

この方は伊藤英明も所属するA-team(エーチーム)所属のグラビアアイドル。1993年1月15日生まれ、京都府出身の23歳。まだ出演作は多くないが、CMではユニバーサルスタジオジャパン(USJ)のCMに出ていた。

主題歌を担当する感覚ピエロ、なかなかいい感じ

結構ドラマにマッチした形でオープニングでかかる主題歌「拝啓、いつかの君へ」は感覚ピエロというバンドが担当している。2013年大阪で結成され、自主レーベルで活動してきた。2015年ミニアルバム「Break」で全国デビュー。今回の主題歌が入ったミニアルバム「不可能可能化」は6月1日発売予定。

第1話視聴率は?

第1話の視聴率は9.4%。なぜか日テレの日曜日の高視聴率の流れはおしゃれイズムで止まる。「ごめんね青春」といい最近のクドカン作品はちょっと視聴率が取りにくくなってるのかもしれない。ただ私としてはごめんね青春は面白かったが、今回の作品はちょっと退屈。ただ、第1話は紹介的要素が強かったので、次の第2話をみて判断したい。

気になる第2話のあらすじはこちら!

スポンサーリンク

 - メディア