スーツケースを開けてしまった勲は?「火の粉」第5話のあらすじ、感想、そして視聴率は?

      2016/05/03

ますます怖くなる土曜深夜ドラマ「オトナの土ドラ・火の粉」。どんどんユースケ・サンタマリア演じる武内の殺人鬼としての正体が明らかになるストーリー展開は、ゾクゾクが止まらない55分。今日の第5話ではどんなストーリー展開が待っているのか?その第5話をレポート。

スポンサーリンク

第5話あらすじ(※ネタバレ注意)

第4話のあらすじ・レビューはこちら

スーツケース

武内の家で、武内の真の姿に迫ろうとした池本亨(佐藤隆太)と妻・杏子(酒井若菜)。しかし武内(ユースケ)と武内を信じている家族に返り討ちにあってしまった。

そしてある夜から亨の姿が見えないと杏子が探す。警察も相手にしてくれない中、杏子は武内の家の勝手口を壊して侵入。実はその夜に人が入るくらい大きなスーツケースを運ぶ武内の姿が目撃されていたのだ。しかし亨が入っているかもしれないスーツケースを壊すことはできなかった。

疑いを強める弁護士

ある日、「的場一家殺人事件」の弁護を担当した関弁護士(迫田孝也)のもとを訪れた武内。関の誕生日ということで、家にゼラニウムという花(花言葉:尊敬と友情)と旅行券をプレゼントする武内だが、それを断る関に著しい嫌悪感を表す武内。

そんな表情を見た関は、やはりあの的場一家殺人事件の犯人は武内だったのではという疑いを強める。そして当時の的場一家と武内の関係に似ている梶間家の夫・勲(伊武雅刀)に警鐘を鳴らす。しかしその判決を裁判官として下した本人である勲は、そのことを認めようとはしなかった。

ついに本音をもらした勲

武内が勲のもとを訪問。今日4月30日は武内に無罪判決が下された記念日なのだ。その記念日として勲に武内が送ったプレゼントは、なんと的場一家殺人事件の凶器となったと疑われているネクタイと同じものだった。このことに激しく動揺し、関弁護士に相談する勲。

セミナーでは「例え限りなく疑わしい被告がいても、決定的な証拠がなければ有罪にできない。」ともっともらしく述べていた勲。しかし関の前では「認めます、私は武内さんを疑っていた。でも有罪にはできなかった。私はあの裁判が心の底から怖かった。有罪ならば死刑判決は免れない。死刑判決を出すというつらい決断から逃げた。」そう、死刑判決を下すことから逃げたために下された無罪判決だったのだ。

スーツケースは開かれた、しかし

亨が入っているかもしれないスーツケース。杏子は警察を連れて開けるよう迫るが、断固拒否する武内。靴で殴って襲いかかる杏子だが、結局開かずに逃げ帰る武内だった。

その夜、昼間の騒ぎのお詫びにと持ってきた黒毛和牛に、俊郎(大倉孝二)と尋江(朝加真由美)は一緒にしゃぶしゃぶをしようと提案。梶間家で鍋をつつく一同。その席で武内から話された「自分がどんなに梶間家をすばらしいと思っているか」の言葉。それは的場一家殺人事件の裁判で武内が語った陳述と全く同じものだった。そのことに怯える勲。

そんなとき勲が席を外し、壊された勝手口から武内の家に侵入した。スーツケースのロックのパスワードは無罪判決記念日の「0430」。開かれたスーツケースには、人の手(本物かは明らかではない)と梶間家ととった記念写真、そして血のついた布。その時明かりがつく。武内が戻ってきてしまったのだ。

「人の行為を無下にすることが、人を裏切ることがどれほどの罪かどうしてわからない、私が的場さん家族を殺したことなど小さな罪だ。私は先生を許します。先生を許すのは私の好意です。私の好意に感謝しろー!」ついに真実を知り、自分が殺人鬼を野に放ってしなったことを後悔する勲だった。

消えた弁護士、琴美はDV?

そんな恐ろしい日の翌日、弁護士の関が失踪、しかもカーペットに血痕を残して。

そして琴美は突然武内に別れを告げる。「あなたも(裏切るの)ですか?」と迫る武内。実は琴美は前の夫で子・陸の父親である男から暴力を受けていたのだ。そのことに勘づく武内は行動を起こす。

次回へ続く。

ユースケが怖すぎる件

このドラマでは、ユースケ演じる武内がいろいろなプレゼントをする。しかしもらい過ぎれば遠慮したり、そこに恐怖を感じるのが人間。しかしそんな遠慮を見せたら、武内の表情は一変する。その表情が本当にゾクゾクする怖さ。ユースケ・サンタマリア自身に感じる影がその恐怖を倍増させる。

酒井若菜がさすがな件

第4話から登場した酒井若菜演じる池本の妻・杏子。実はこの役を演じるための役作りとして前歯を一本抜き、銀歯に差し替えたそうだ。今回の夫が殺されたと疑いながら怒り狂る酒井若菜、この人さすがだな~と思った。

「火の粉」

タイトルの意味がそこまではっきりしなかったが、今回勲が「火の粉が降りかかった」と明言。そう、ついに殺人鬼・武内の狂気の火の粉が梶間家に降りかかろうとしているのだ。

第5話視聴率は?

第4話で4.2%と微増した視聴率。今回の話も絶対に裏切らない怖さ。5話でも増えるのではないかと思う。そして次回は、琴美の過去や元夫に恐怖が迫る。次回も「こわい~」と叫びながら見れそうだ。

第5話視聴率=3.3% 5月2日更新

 - メディア