世界一周するならビジネスクラスがお得だった理由

      2016/06/30

世界一周、昔は人生でそんなことができたらどんなに幸せだろうとテレビを見ながら思っていた。でも30歳で実現した、しかもビジネスクラスで。ビジネスクラスで世界一周なんてセレブがすること!いやそんなことはないのだ。そりゃそれなりの金額はかかるが、実はエコノミークラスで実行するよりもお得な旅ができるのだ。私が世界一周旅行を実現するまでを記す。

スポンサーリンク

スターアライアンスのサイトで見積

スターアライアンスとは、世界の航空連合の一つで、日本は全日空(ANA)、アメリカはユナイテッド、ドイツはルフトハンザなど世界の早々たる航空会社が加盟している。

そのスターアライアンスの専門サイトの世界一周航空券専用ページへアクセス。そして「世界一周による運賃を今すぐ予約」をクリック。

すると別ウィンドウが開くので、「居住国」は日本、「クラス」はビジネスクラスを選択。そして「新しい旅程を作成してください」をクリック。

その後、世界地図にスターアライアンスの航空会社が就航している都市が記載された世界地図が表示されるので、まず出発地「東京(から出発する場合)」をクリック。そして東回り、もしくは西回り、または南にと行きたい都市を順番にクリックして行く。最大16区間を設定できる。

そして「次へ」をクリック。すると金額が出てくる。

その後は、各区間のフライトを選び、個人情報を入力後、クレジットカードで決済となる。フライトを選ぶのは時間がかかるが、個人的に飛行機マニアの私は、どの航空会社にのろうかなと旅行時を妄想しながら夢のような時間を過ごせた。

世界一周航空券の値段

値段は、距離と搭乗クラスによって決められている。(燃油サーチャージや各種税金は別途)

29000マイル

以内

34000マイル

以内

39000マイル

以内

エコノミー 355,300円 418,500円 489,700円
ビジネス 698,500円 813,900円 949,400円
ファースト 1,130,000円 1,331,000円 1,489,900円

都市を選んで行く際に、右下に「現在何マイル」という表示がでてくるので、予算に合わせて都市を選択する。

ビジネスクラスがなんでお得なのか?

タイトルに「ビジネスクラスがお得」と書いた。倍もするのにどこがお得なのか?いや倍で済むことがお得なのだ。

私は2012年の夏に、会社を辞めたのを機に1ヶ月間の世界一周の旅をした。行程は以下の通り。

東京 - シンガポール - カイロ - ナポリ - トロント - インディアナポリス - マイアミ - パナマシティ - ヒューストン - (車で移動) - フェニックス - シアトル - 東京

ここで気づいていただきたいのが、7時間以上のフライトが5回以上もある。これらをビジネスクラスで飛ぼうものなら1回で30万円とかかかってしまう。それを考えるとエコノミークラスとの差が40万円ですべてビジネスクラスに乗れるのは、超お得なことなのだ。

マイルも貯まる

世界一周航空券でうれしいのは、マイルもしっかり貯まる事。そしてビジネスクラスを利用すれば、その分のプレミアムがつく。私は上記の旅程で50000マイル以上が貯まり、次のアメリカ旅行を少しマイルを足すことだけで実現できた。

スポンサーリンク

注意が必要なこと

私は、全日空のマイレージプログラムを持っていて、マイルを貯める事も主目的だったから、スターアライアンスの世界一周航空券を迷わず買ったが、今思えば後悔していることも。それは、

・今回の旅程であれば50000マイル貯められ、もしJALの加盟する航空連合ワンワールドの世界一周航空券を買っていれば、当時であればJALのマイレージプログラムの上級会員を獲得できたはずだった。ANAにこだわらず、将来を見通した戦略が必要だ。

・実はスターアライアンスは南米のネットワークが弱い。そのため、マチュピチュやウユニ塩湖に行くことができなかった。(無理をすればなんとかなったのかもしれないが、効率がめちゃくちゃ悪い)

反省はあるものの、ナイル川のクルーズで見た夕日や白い砂漠ホワイトサンズでみた朝日、パナマ運河の船の航行、ナポリのピザ、全てが忘れられない思い出となった。

もう二度とできないんだろうな。。。

 - 体験レポート, 航空情報